現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」

2013年 10月 31日 16:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

泉太郎(1976-)は、複数のカメラを使ったビデオインスタレーションや、大規模なドローイング、ゲーム的なルールを用いたパフォーマンスなどで知られるアーティストである。本展で発表された新作の《キャラメル》2013では、複数の動物の顔が投影されているスクリーンの目の部分がくりぬかれており、何か別の目がそこには映し出されている。スクリーンの横にある椅子と手製のヘッドマウントカメラからわかるように、複数の被験者の眼の動きを撮影し、その目がそれぞれの動物の目となって投影されているのだ。入って左側のモニタには、その撮影時の様子が記録されている。動物園では、動物たちを見ているのが私たちが見られているのか、映像の中に漂う不穏な印象は、そのような「見る」「見られる」の関係からくるものなのだろうか。また、映像の横にひっそりと展示された《腸詰め(底無しガラス)》では、美術作品を鑑賞しようとギャラリーに群がる動物たちと、罠が仕掛けられていることを認識する鑑賞者の視点がユーモラスに語られている。

泉 太郎 《キャラメル》2013年、ビデオ・インスタレーション、サイズ可変
Courtesy: Take Ninagawa, Tokyo、撮影:渡邉 修、写真提供:森美術館

泉 太郎 《腸詰め(底なしガラス)》2013

Related article

  • 見て、聞いて、触って、香って「森」の今を知る
    見て、聞いて、触って、香って「森」の今を知る
  • 注目!カイカイキキ期待の新人、obの初個展
    注目!カイカイキキ期待の新人、obの初個展
  • 日常の価値観をゆるがす、西野 達のアート
    日常の価値観をゆるがす、西野 達のアート
  • 展示空間がジャングルに!? 曽根裕展を見逃すな!
    展示空間がジャングルに!? 曽根裕展を見逃すな!
  • スウェーデンデザインの巨匠、オーレ・エクセルとは?
    スウェーデンデザインの巨匠、オーレ・エクセルとは?
  • ラフォーレ原宿年末恒例パフォーマンスイベント、今年は?
    ラフォーレ原宿年末恒例パフォーマンスイベント、今年は?

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 2
    ザハによる世界初の試み、ニール・バレット青山店
  • 3
    ショコラとSANSYO(山椒)のセンセーション
  • 4
    「D-BROS」が2013年カレンダーを販売開始
  • 5
    光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
  • 6
    この1冊で堪能する、「大人」のリアルなキッチンインテリア
  • 7
    ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 9
    新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
  • 10
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加