今週末見るべき映画「ファッションを創る男~カール・ラガーフェルド~」

2013年 11月 15日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

カール・ラガーフェルド。崩壊しつつあるシャネルを立て直した服飾デザイナーだ。その名はつとに有名だが、いったい、どのような人物なのか、その仕事の詳細、私生活は意外と知られていないようだ。名前からしてドイツ人だが、クロエ、フェンディ、シャネルのデザイナーを歴任しているので、主な活動の舞台はパリである。服飾デザイナーとしての仕事以外にも、さまざまな仕事をこなす。いわばセレブ中のセレブ、カリスマ的な人物だから、当然、映像作品にしようという企画が、数多かったようだ。

このほどのドキュメンタリー映画「ファッションを創る男ーカール・ラガーフェルドー」(アルシネテラン配給)は、カール・ラガーフェルドの仕事ぶりや私生活を追い、本人の語りを中心に構成される。まるで、ラガーフェルドの語録でもある。ユーモラスだが、辛辣で、毒舌や皮肉が混じる。ラガーフェルド自身を表現していて、興味が尽きない。


シャネルのショーが始まろうとしている。「この業界では不公平さが当たり前」、「ファッションははかなく、危険で理不尽だ」と言う。自家用ジェット機でモナコに飛ぶ。「日常生活のすべてにおいて、月並みな関係などごめんだ」。自らを、てらいなく語る。「11歳の頃からホモセクシャルだと認識していた」とサラリと言う。また、「高校も出ていないから、すべて独学だ」と。事実、学歴はないが、ピエール・バルマンのアシスタントを務めた後に、フィレンツェで、美術史、建築、絵画、彫刻などを勉強している。

Related article

  • 冷戦時代のストリートが主戦場、写真家・北島敬三展
    冷戦時代のストリートが主戦場、写真家・北島敬三展
  • ポリプロピレン素材による、エマ・デイヴィス「UTSUWA」展
    ポリプロピレン素材による、エマ・デイヴィス「UTSUWA」展
  • 【告知】第二回は「やりすぎバロック」に決定
    【告知】第二回は「やりすぎバロック」に決定
  • 横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
    横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
  • 今週末見るべき映画「靴職人と魔法のミシン」
    今週末見るべき映画「靴職人と魔法のミシン」
  • 今週末見るべき映画「毛皮のヴィーナス」
    今週末見るべき映画「毛皮のヴィーナス」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アストンマーティンのコンセプトモデル「V12 ザガート」
  • 2
    25日まで川上元美展、日本の巨匠を知る
  • 3
    最も小さく軽い、ランドローバー新SUV「エヴォーク」
  • 4
    今週末見るべき映画「シャネル&ストラヴィンスキー」
  • 5
    今週末見るべき映画「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」
  • 6
    村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
  • 7
    錦織圭、闘魂の赤を語る。タグ・ホイヤーの日本限定モデル”Air-K”。
  • 8
    今週末見るべき映画「フォスター卿の建築術」
  • 9
    【レポート】第二回ヘンタイ美術館、「やりすぎバロック」編
  • 10
    デザイナーズミラーと暮らそう! 世界から集めた鏡たち

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加