今週末見るべき映画「アイ・ウェイウェイは謝らない」

2013年 11月 29日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとかどの人物である。語録さながら、その発言は鋭い。どのようなアーティストかの問いに、「チェスの競技者に近いと思う。敵が動けば、僕も動く。今は敵の次の動きを待っている状態だ」。北京オリンピックについては、「大会には反対だ。北京にいる出稼ぎの労働者を、力尽くで追い出したり、一般市民には参加するなと言う一方で、外国人を見たら微笑みかけろと強要、共産党のプロパガンダになった」と言う。個人ブログが政府の検閲で閉鎖された後も、ツイッターで発言を続ける。「いつもだが、誰を脅したい?」とか、ミュンヘンでの手術の後、自らの写真を載せ、「証拠を見せろ? これが証拠だ」と、いささか挑戦的なツイートを、壁超えで展開したりする。

政府を恐れていないようだが、との問いに、「僕は恐れ知らずじゃない。誰よりも恐怖を感じている。だからこそ行動する。何もしなければ危険は増大する」と答える。これまで、作家のダン・ズオレンや、民主化運動を展開するフー・ジア、2010年のノーベル平和賞が決まったリュー・シャオポーなどの目立った人たちは、政府によって黙らされたが、との問いには「予測不能だ」と答える。アイは、リューのノーベル賞受賞のニュースを歓ぶ。民主化を求め、リューたちが起草した零八憲章には、アイほか、多くの知識人が賛同の署名をしている。2009年11月、リューは懲役11年の刑に処せられ、現在、服役中だ。アイは言う。「中国の法律はジョークだ。真実が暴かれることを拒む。今も警察は殴打を認めず、違法行為はない、と言っている」と。

2010年、アイたちは、成都の警察に被害届を出す。政府批判のツイートが続く。「司法の独立がなければ、誰もが危険にさらされる」、「各人が権利を大事にすることは、市民社会の根本だ」。保釈はされたものの、現在もアイは、いわば軟禁中である。今後、アイが、どのような発言をし、活動するか、世界じゅうが注目している。謝らないのは中国政府であって、アイ・ウェイウェイではない。ことは、お隣中国だけの話ではない。日本でも、形式だけの公聴会が1回開かれただけで、中味、詳細が不明の法案が、いつの間にか成立しようとしている。言いたいことが言えない社会は、まことに不幸である。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ゴーストライター」
    今週末見るべき映画「ゴーストライター」
  • 今週末見るべき映画「サード・パーソン」
    今週末見るべき映画「サード・パーソン」
  • 王様のためのホログラム 【今週末見るべき映画】
    王様のためのホログラム 【今週末見るべき映画】
  • 花戦さ 【今週末見るべき映画】
    花戦さ 【今週末見るべき映画】
  • ショーウィンドーをアート作品が席巻「KISS THE HEART #3」
    ショーウィンドーをアート作品が席巻「KISS THE HEART #3」
  • アメリカが誇る印象派コレクション、見どころ
    アメリカが誇る印象派コレクション、見どころ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 2
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 3
    クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」
  • 4
    「HIGASHIYA」10周年記念、“ひと口果子”第4弾が発売開始
  • 5
    イタリアデザインの巨匠、エンツォ・マーリの一大個展
  • 6
    日本初公開、カート・コバーン生前最後の姿を撮影した写真展
  • 7
    夢のコラボ! 皆川 明インタビュー「不完全な美しさ」
  • 8
    ザハによる世界初の試み、ニール・バレット青山店
  • 9
    渋谷に本の拠点、SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
  • 10
    伊勢丹新宿店でHIROSHI TSUBOUCHIのパターンオーダー会

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加