今週末見るべき映画「アイ・ウェイウェイは謝らない」

2013年 11月 29日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Story】
北京にあるアイ・ウェイウェイの自宅兼スタジオ。スタジオを政府の監視カメラが見張っている。友人のチェン・タンチンは言う。「アイはほかの中国のアーティストと一線を画している。我々は体制内芸術家だが、彼は無頼の一匹狼だ」と。ロンドンのテート・モダンでの展示と、サンパウロ・ビエンナーレの展示の準備が進んでいる。

エッフェル塔や天安門広場を背景に、アイが中指を立てる写真は有名だ。ニューヨークのギャラリーのオーナーは、漢時代の壷を落とそうとしているアイの写真を見て、「旧来の文化と決別し、新しい何かを求めよと言っているんだ」と解説する。中国のあるキュレーターは言う。「アイの中国での役割は、芸術家の枠を超えている」と。


世界じゅうのメディアから年間100以上もの取材を受ける。国内でも、100もの取材を受ける。国民に対して、大きな存在感を示したのは、四川大地震からだろう。アイは、犠牲者の名前を並べただけの作品を仕上げる。子供の死亡者の数を、政府がまだ発表していないころ、アイは、亡くなった子供たちの調査結果を、記録映画「ホアリエン・バーアル」にまとめる。子供の死者数を復興局に聞いても、機密事項だからと教えてくれない。「なぜ知りたい? アメリカのスパイか」と言われる。いまは閉鎖されたアイのブログを見て、亡くなった子供の調査をするボランティアも多い。ボランティアは被災地を巡り、学校や両親に、生徒の名前を聞いて回る。

2009年5月、大地震から1年目。子供の死者は5212人、その名前と生年月日を探し出し、ブログに掲載する。「ネットやブログは、世論を変えるチャンスを、普通の人にもたらした」とアイ。直後、ブログは閉鎖され、スタジオには監視カメラが設置されることになる。

文化大革命の時に、アイと同じような境遇の人たちはいた。アイの親の世代で、共産党員で、右派のレッテルを貼られた人たちだ。恐れを知らず、思ったまま、政府批判をした。アイの父、詩人のアイ・チンもその1人だ。革命闘争に尽力した父は、家族いっしょに中国西部に追放され、19年もの間、労働改造を受けた。アイの弟は、父の顔に墨がかけられたり、銃で殴られるのを見ている。

Related article

  • Interview:全米No.1ベーカリー『TARTINE BAKERY& CAFE』、チャド・ロバートソン氏が語る“パン愛”
    Interview:全米No.1ベーカリー『TARTINE BAKERY& CAFE』、チャド・ロバートソン氏が語る“パン愛”
  • これからの都市のビジョンとは?|ゲルフリート・ストッカー氏インタビュー
    これからの都市のビジョンとは?|ゲルフリート・ストッカー氏インタビュー
  • 今週末見るべき映画「ル・コルビュジエの家」
    今週末見るべき映画「ル・コルビュジエの家」
  • 母と娘の人生を描いた感動作、いよいよ公開。
    母と娘の人生を描いた感動作、いよいよ公開。
  • 今週末見るべき映画「最愛の子」
    今週末見るべき映画「最愛の子」
  • 未来よ こんにちは 【今週末見るべき映画】
    未来よ こんにちは 【今週末見るべき映画】

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「ハイアット リージェンシー 東京」の新スイートルーム
  • 2
    フォルクスワーゲン・ゴルフのワゴン、ヴァリアント
  • 3
    バックパックに入る世界最小の電動サイクル誕生
  • 4
    iTunesが大幅アップデート、音楽体験もクラウド時代に
  • 5
    今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー」
  • 6
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(1)
  • 7
    世界で見つけた最新・男のキッチンとは?|Guys in the Kitchen#05
  • 8
    ジャズ名盤講座第28回「RCA編」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 9
    注目の若手インテリアデザイナー、小林幹也の展覧会
  • 10
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加