未来のクリエーターたちによる“卒業制作”アワード

2013年 11月 29日 18:40 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月1日まで、「MITSUBISHI CHEMICAL JUNIOR DESIGNER AWARD」の受賞作が、東京・有楽町の国際フォーラムで展示される。デザイナー、クリエーターを志す学生たちの「卒業制作」を対象とした、今年で13回目を迎えるアワードで、次代を担う逸材の発掘と、彼らの感性や可能性を世に広める機会として企画されている。会場には、プロダクトや建築、グラフィック、ファッションなど幅広い分野から選出された受賞作が展示された。

東京国際フォーラムの大きな吹き抜け空間に、作品が展示される

大賞に選ばれたのは、杉山夏実さん(東京藝術大学大学院 修了)の「About my “topos”」。人々が生活する土地を、その人はどのように体験して、記憶しているのかについてフォーカスした作品だ。展示スペースには、「About my “topos”=私の場所について」というテーマで、杉山さんの生まれ育った町をもとに、記憶に残っている風景を描いた100枚のスケッチや、頭の中で自分なりの解釈で残っている町のイメージを形にした模型などが並ぶ。杉山さんは、「人が思っている、“場所”への愛着や記憶など、言葉にならない感覚をカタチにしたいと考えました。今、自分が立っている場所について考えるきっかけにもなればと」と話す。

大賞を受賞した、杉山夏実さんの「About my “topos”」の「意識模型」。記憶の中にある土地のイメージをカタチにしたもの。

「About my “topos”」では、「私の場所について」をテーマに、模型やスケッチなどが展開する。

Related article

  • 黒と白の新・水栓美学、ドイツのグローエ社から
    黒と白の新・水栓美学、ドイツのグローエ社から
  • いますぐ手に入れたい、デザインアンブレラ
    いますぐ手に入れたい、デザインアンブレラ
  • 「MoMA Design Store」が09春夏コレクションを発表
    「MoMA Design Store」が09春夏コレクションを発表
  • 東京デザイナーズウィーク速報2 100% design tokyo
    東京デザイナーズウィーク速報2 100% design tokyo
  • 南青山にパトリック・ブラン作品が出現!「CoSTUME NATIONAL」
    南青山にパトリック・ブラン作品が出現!「CoSTUME NATIONAL」
  • 素のままが美しい-メトロクスでアンジェロ・マンジャロッティの家具が復刻
    素のままが美しい-メトロクスでアンジェロ・マンジャロッティの家具が復刻

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
  • 2
    シワが気になる成熟肌のための、クリニーク新生セラムファンデーション
  • 3
    第17回東京フィルメックス(2016) 見どころは キム・ギドク監督最新作も
  • 4
    レスリー・キー初めての写真展、27日まで
  • 5
    「ホテルオークラ東京」 大人のスイートバレンタイン
  • 6
    オープニングセレモニー、渋谷から表参道へお引越し
  • 7
    今週末見るべき映画「コマンダンテ」
  • 8
    想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
  • 9
    日本屈指の職人が一堂に会した、注文しなくてもいいビスポーク展
  • 10
    第一線で活躍するフォトグラファーたちがロモで撮影

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加