『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

未来のクリエーターたちによる“卒業制作”アワード

2013年 11月 29日 18:40 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月1日まで、「MITSUBISHI CHEMICAL JUNIOR DESIGNER AWARD」の受賞作が、東京・有楽町の国際フォーラムで展示される。デザイナー、クリエーターを志す学生たちの「卒業制作」を対象とした、今年で13回目を迎えるアワードで、次代を担う逸材の発掘と、彼らの感性や可能性を世に広める機会として企画されている。会場には、プロダクトや建築、グラフィック、ファッションなど幅広い分野から選出された受賞作が展示された。

東京国際フォーラムの大きな吹き抜け空間に、作品が展示される

大賞に選ばれたのは、杉山夏実さん(東京藝術大学大学院 修了)の「About my “topos”」。人々が生活する土地を、その人はどのように体験して、記憶しているのかについてフォーカスした作品だ。展示スペースには、「About my “topos”=私の場所について」というテーマで、杉山さんの生まれ育った町をもとに、記憶に残っている風景を描いた100枚のスケッチや、頭の中で自分なりの解釈で残っている町のイメージを形にした模型などが並ぶ。杉山さんは、「人が思っている、“場所”への愛着や記憶など、言葉にならない感覚をカタチにしたいと考えました。今、自分が立っている場所について考えるきっかけにもなればと」と話す。

大賞を受賞した、杉山夏実さんの「About my “topos”」の「意識模型」。記憶の中にある土地のイメージをカタチにしたもの。

「About my “topos”」では、「私の場所について」をテーマに、模型やスケッチなどが展開する。

Related article

  • 吉岡徳仁「光庵‐ガラスの茶室」がヴェネツィア・ビエンナーレに
    吉岡徳仁「光庵‐ガラスの茶室」がヴェネツィア・ビエンナーレに
  • 今週末見るべき映画「王の涙―イ・サンの決断―」
    今週末見るべき映画「王の涙―イ・サンの決断―」
  • 磯崎新「12×5=60」展がワタリウム美術館にて開催
    磯崎新「12×5=60」展がワタリウム美術館にて開催
  • 「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(前編)
    「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(前編)
  • ミラノサローネ2010「ロッサーナ・オルランディ」
    ミラノサローネ2010「ロッサーナ・オルランディ」
  • iPod nanoにピンクが追加
    iPod nanoにピンクが追加

Prev & Next

Ranking

  • 1
    コール ハーン「ルナグランドウィングチップ」の新作カラーを発売
  • 2
    出発からシドニーへ|疾走オーストラリア、9000kmの旅#01
  • 3
    帽子デザイナー 平田暁夫の偉大さを知っているか
  • 4
    日本初の期間限定エンタメ&レストラン「ルナ・レガーロ」
  • 5
    コンランショップ初のアウトレットがオープン
  • 6
    オーキッド(蘭)が香る、LOVEが重なり合う - カルティエ2011新作ジュエリー
  • 7
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 8
    総額一億円相当!ベネチアンモザイクの「SICIS」オープン
  • 9
    初のAMG専用モデル 「メルセデス・ベンツ SLS AMG」
  • 10
    今回はどこ?日本のどこかで数日だけオープンする、野外レストラン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加