今週末見るべき映画「セッションズ」

2013年 12月 7日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

5年前ほど前に、「潜水服は蝶の夢を見る」というフランス映画を見た。雑誌「ELLE」の編集長が脳梗塞で倒れる。意識が戻るが、身動きが出来ず、左目しか動かない。どうするか。左目をまばたきすることで、アルファベットを指定して文章を綴る。それが自伝として本になったという実話の映画化だった。悲惨な状況なのに、編集長はユーモアとウィットたっぷりに文章を綴り、左目の視線は女性の足に注がれたりする。

いろんな障害者を描いた映画は、あまり好きではない。映画の出来以前に、少なくはないアドバンテージをもらっているようで、なにを訴えられても、その通り、としか言いようがないからである。その点、「潜水服は蝶の夢を見る」は、深刻さはあっても、カラッとして清々しい映画であった。このほどの「セッションズ」(20世紀フォックス映画配給)もまた、こういった系譜に繋がる映画と思う。


ジョン・ホークスの演じる主人公のマーク・オブライエンはいま38歳。6歳で患ったポリオのせいで、首から下は動かない。さらに呼吸障害のため、長時間、カプセル型の呼吸器に体を預けることになる。ストレッチャーに寝たままで、外出できるのは1日に3、4時間。しかし、マークは、まったく、状況を悲観していない。大学を出て、今はジャーナリストとして原稿を書き、詩も書いている。手足の自由が利かないので、口でバーをくわえて、パソコンを操作するのだ。そんなマークに、障害者のセックスについての原稿依頼が来る。結果、マークは、セックス・サロゲート(代理人)の存在を知り、そのセッションを受けることになる。

Ranking

  • 1
    世界のキッチングッズブランドが集まる「サテリテ」
  • 2
    村上隆個展「MURAKAMI VERSAILLES」が開幕
  • 3
    フォトグラファー・佐藤博信、「日本人としての自分視点で美しさを感じてほしい」
  • 4
    サンフランシスコの超人気店「TARTINE BAKERY」、ついに日本上陸
  • 5
    作られ続ける道具たち「日本の荒物 松野屋とSyuro 」
  • 6
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 7
    インテリアトレンドが動き出す、ケルン・メッセ国際家具見本市
  • 8
    生の一瞬のきらめきを切り取るベッティナ・ランス
  • 9
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 10
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加