衝撃と興奮の日々―第14回東京フィルメックス

2013年 12月 6日 18:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画による衝撃と興奮の醒めることのない日々だった。11月23日(土)から、熱心な映画ファンが注目した第14回東京フィルメックスは、12月1日(日)、無事、閉幕した。11月30日(土)に受賞結果の記者会見があった。コンペティション10作品から最優秀作品賞、審査員特別賞、学生審査員賞が決まる。また、コンペティション10作品に加えて、クロージング作品「The Missing Picture」及び短編2作品を除いた特別招待作品を対象に、観客賞が授与される。


学生審査員賞は、フィリピンのハンナ・エスピア監督の「トランジット」。舞台はイスラエル、労働者としてフィリピンからやってきた人たちの子供が、政府の移民政策で強制送還されることになる。「ここで生きていく、ここで生きたいんだ、という強い決意が鮮明な生命として、私たちを丸ごと引っつかみ、今も離しません」と授賞理由を読み上げる。すでに帰国したハンナ・エスピア監督からのメッセージがプロデューサーの携帯に届いている。「光栄、謙虚な気持ちになる」と。

作品:「トランジット」

Related article

  • ムービー:恵比寿映像祭が開幕、アート×映像の10日間
    ムービー:恵比寿映像祭が開幕、アート×映像の10日間
  • Ryuichi Sakamoto: CODA 【今週末見るべき映画】
    Ryuichi Sakamoto: CODA 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画Part 1 「セデック・バレ」
    今週末見るべき映画Part 1 「セデック・バレ」
  • 午後8時の訪問者 【今週末見るべき映画】
    午後8時の訪問者 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「不屈の男 アンブロークン」
    今週末見るべき映画「不屈の男 アンブロークン」
  • 今週末見るべき映画「最強のふたり」
    今週末見るべき映画「最強のふたり」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:新型iPad・Apple TV、日本でも公開
  • 2
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 3
    今週末見るべき映画「世紀の光」
  • 4
    大人のためのグラフィカルなモビール「FRAMES」
  • 5
    今週末見るべき映画「鑑定士と顔のない依頼人」
  • 6
    新型「iPhone 4」発表、フロントカメラに高解像度ディスプレイ
  • 7
    今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」
  • 8
    ミラノでのお披露目「ジャパンクリエイティブ」ついに発動
  • 9
    「アナログは疲れますね」 JNTHEDというアーティスト
  • 10
    こねずに簡単、もちもちパンが焼ける「ストウブ」の新定番

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加