大山エンリコイサム氏「KISS THE HEART#3」インタビュー

2014年 2月 5日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

伊勢丹新宿店のショーウインドーを飾るカッティングシートのミューラル(壁画)。この街を訪れる多くの人びとがそのアートを目撃し、歩きながら、ときに足をとめ作品にみいっている。その作品を手がけたのは美術家・大山エンリコイサム氏。現在、新宿、日本橋、銀座の三越伊勢丹3店舗のショーウインドーなどで開催中のアート展、「アートの力」で東日本復興を支援するアート&チャリティプログラム「KISS THE HEART#3」に展示される作品のひとつだ 。

大山エンリコイサム氏は、「クイックターン・ストラクチャー(Quick Turn Structure=急旋回構造)」という独自のモチーフで描かれた壁画などのアート作品で知られ、美術批評などの執筆、ファッションブランド「COMME des GARÇONS」とのコラボレーションといった、多彩な活動で世界的に注目されている美術家だ。2012年より活動の拠点をアメリカ・ニューヨークに移し、さらなる旺盛な創作活動を展開している。

本展には伊勢丹新宿店のショーウインドー用のカッティングシート壁画とドローイング作品の2作品を展示。ドローイング作品は3月9日に銀座三越 9階銀座テラス/テラスコートで開催されるチャリティオークションで販売される。ニューヨークで創作活動をする大山エンリコイサム氏に、今回発表される作品の話をきっかけに、自身の作画手法、ニューヨークのストリートアート・シーンとそこでの創作活動、生まれ故郷である東京、そして東日本復興への思いなどについてお話をうかがった。

<FFIGURATI #87>制作風景(NYブルックリンのスタジオ)

今回発表される作品のタイトルとその意味、コンセプトなど、作品について教えてください

ガラス面にカッティングシートで貼っている作品は<FFIGURATI #87>(2014年)、オークション用のドローイングは<FFIGURATI #35>(2013年)です。僕の作品はおもに、グラフィティの視覚言語から抽出された「クイックターン・ストラクチャー(Quick Turn Structure)」という白黒のモチーフをさまざまなかたちで展開するものですが、QTSはモチーフの名前であり、個々の作品を越えて、あるいはそれらにまたがって存在するものです。

他方で、それぞれの作品のタイトルには「FFIGURATI」という言葉を連番とともにあてています(FFIGURATI #1、#2…と言うように)。「FFIGURATI」は、GRAFFITIという単語を入れ替えた僕の造語で、イタリア語の「FIGURA TI」という言葉と重ねています。イタリア語の「FIGURA TI」は、日本語言うと「まさかー」という感じで、なにかすぐには信じられないようなことを聞いたときなどに返すカジュアルな言葉です。

ただ、語の構成としては、英語の「FIGURE YOU」と同じで、「自分を形づくり直せ」というような意味にも取れます(それが転じて、まさか、というニュアンスを持つわけです)。QTSはグラフィティの視覚言語をひねりながら、独自の造形に仕立て直しているので、「FFIGURATI」という言葉はそこに結びついています。

新宿伊勢丹店のショーウィンドーに展示されている<FFIGURATI #87>。 撮影/根田拓也 
作品©Ōyama Enrico Isamu Letter 
ウィンドー©2014 ISETAN MITSUKOSHI

Related article

  • 現代文学作家とメディアアーティストのコラボ「文学の触覚」展
    現代文学作家とメディアアーティストのコラボ「文学の触覚」展
  • 開幕直前!オルセー美術館展2010「舞台裏レポート」
    開幕直前!オルセー美術館展2010「舞台裏レポート」
  • コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 28日まで「鈴木康広展 まばたきにご注意ください」
    28日まで「鈴木康広展 まばたきにご注意ください」
  • 建築家11名によるアイウエアショップが表参道ヒルズに
    建築家11名によるアイウエアショップが表参道ヒルズに
  • 速報:堂島リバービエンナーレ2011が開幕
    速報:堂島リバービエンナーレ2011が開幕

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    B&B ITALIA、夏のアウトドア家具新作
  • 3
    音降る部屋は心地よい、パイオニア「ACCO」
  • 4
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 5
    しあわせな人生の選択 【今週末見るべき映画】
  • 6
    タイム アンド スタイルの新作は「クラシカル」
  • 7
    オランダのデザイナー展「トレジャー・ハント:心を捉えるものは何?」
  • 8
    フリッツ・ハンセン ー次なる新作の製作をミラノで披露
  • 9
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
  • 10
    東京デザイナーズウィークレポート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加