今週末見るべき映画「ROOM237」

2014年 1月 24日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年末、「ROOM237」(ブロードメディア・スタジオ配給)という映画の試写を見た。もはや伝説とも言える、スティーヴン・キング原作、スタンリー・キューブリック監督の映画「シャイニング」(1980年)を、徹底的に研究、分析したドキュメンタリー映画だ。分析、研究したのは、「シャイニング」についてのオタクともいえる面々で、本職は、ジャーナリスト、歴史学者、作家、ミュージシャン、作家・映画製作者・神秘学者たち。


映画の冒頭、断り書きが出る。本作は、キューブリック・サイドや、「シャイニング」を配給したワーナー・ブラザース、原作者とは、何ら関係もなく作り上げたドキュメンタリーである、と。映画のなかに、かつてのキューブリック作品のシーンが、続々と出てくる。

著作権などの関係は、どうなっているのかは分からないが、ともかく、キューブリックの「シャイニング」についての、蘊蓄を傾けた研究、分析が相次ぐ。やや、深読み、こじつけの感は否めないが、これが、けっこう説得力があり、見る者を引きつける仕掛けになっている。本作を見た直後、真っ先に見たくなる映画が、「シャイニング」であった。事実、戻って、すぐにDVDで見た。

「シャイニング」は、すでに何度も見ていたが、改めて、細部を見つめたくなるほど、「ROOM237」は、面白かった。なにしろ、ナチの大量虐殺に関係しているとか、アポロ計画の月面着陸は陰謀などと、とんでもない方向に、「研究」、「分析」が向かっていく。

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:Lexus L-finesse - crystallised wind
  • 2
    フォトギャラリー:「ニスモ 370Z」
  • 3
    フォトギャラリー:「アウディA5 カブリオレ」発表会
  • 4
    銀座の真ん中に「銀座どうぶつ園 ほぼ原寸大 写真展」
  • 5
    フォトギャラリー:「harman/kardon GLA-55」
  • 6
    今週末見るべき映画「教授のおかしな妄想殺人」
  • 7
    フォトギャラリー:リコー GR DIGITALIII発表会
  • 8
    フォトギャラリー:「BeoSound 5」
  • 9
    男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(2)
  • 10
    空気清浄機の決定版、バルミューダの「JetClean(ジェットクリーン)」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加