今週末見るべき映画「ROOM237」

2014年 1月 24日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年末、「ROOM237」(ブロードメディア・スタジオ配給)という映画の試写を見た。もはや伝説とも言える、スティーヴン・キング原作、スタンリー・キューブリック監督の映画「シャイニング」(1980年)を、徹底的に研究、分析したドキュメンタリー映画だ。分析、研究したのは、「シャイニング」についてのオタクともいえる面々で、本職は、ジャーナリスト、歴史学者、作家、ミュージシャン、作家・映画製作者・神秘学者たち。


映画の冒頭、断り書きが出る。本作は、キューブリック・サイドや、「シャイニング」を配給したワーナー・ブラザース、原作者とは、何ら関係もなく作り上げたドキュメンタリーである、と。映画のなかに、かつてのキューブリック作品のシーンが、続々と出てくる。

著作権などの関係は、どうなっているのかは分からないが、ともかく、キューブリックの「シャイニング」についての、蘊蓄を傾けた研究、分析が相次ぐ。やや、深読み、こじつけの感は否めないが、これが、けっこう説得力があり、見る者を引きつける仕掛けになっている。本作を見た直後、真っ先に見たくなる映画が、「シャイニング」であった。事実、戻って、すぐにDVDで見た。

「シャイニング」は、すでに何度も見ていたが、改めて、細部を見つめたくなるほど、「ROOM237」は、面白かった。なにしろ、ナチの大量虐殺に関係しているとか、アポロ計画の月面着陸は陰謀などと、とんでもない方向に、「研究」、「分析」が向かっていく。

Related article

  • ルイの9番目の人生 【今週末見るべき映画】
    ルイの9番目の人生 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「レンブラントの夜警」
    今週末見るべき映画「レンブラントの夜警」
  • 今週末見るべき映画「アイ・ウェイウェイは謝らない」
    今週末見るべき映画「アイ・ウェイウェイは謝らない」
  • 日本映画の巨匠「木下惠介生誕100年祭」ラインナップ発表!凱旋上映も
    日本映画の巨匠「木下惠介生誕100年祭」ラインナップ発表!凱旋上映も
  • 今週末見るべき映画「フォンターナ広場―イタリアの陰謀」
    今週末見るべき映画「フォンターナ広場―イタリアの陰謀」
  • 今週末見るべき映画「シャドー・ダンサー」
    今週末見るべき映画「シャドー・ダンサー」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    今週末見るべき映画「起終点駅 ターミナル」
  • 3
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • 4
    上質なポートワイン×ショコラを味わうのが、大人の愉しみ
  • 5
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 6
    伊勢丹新宿店 食品フロアが6/13リニューアル
  • 7
    最新のデザイン「Fx0」|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(1)
  • 8
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 9
    「MoMA Design Store」が秋冬コレクション発表
  • 10
    日本のアネモネが繋ぐ、時と国を超えたコラボ。ペリエ ジュエ ベル エポック初の限定ボトル登場

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加