今週末見るべき映画「アメリカン・ハッスル」

2014年 1月 30日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

本年の第86回アカデミー賞に、「ゼロ・グラビティ」と並んで、最多の10部門ノミネートされたのが「アメリカン・ハッスル」(ファントム・フィルム配給)だ。ノミネートは、作品賞、監督賞(デヴィッド・O・ラッセル)、主演男優賞(クリスチャン・ベイル)、助演男優賞(ブラッドリー・クーパー)、主演女優賞(エイミー・アダムス)、助演女優賞(ジェニファー・ローレンス)といった主要部門のほか、脚本賞、美術賞、衣装デザイン賞、編集賞の10部門。アカデミー賞にノミネートされたり、たくさん受賞した映画が、ことごとく優れている映画とは思わないが、アカデミー会員の支持があるのは、それなりの作品なのだろう。


優れた映画は、いい脚本、達者な役者、見せ場たっぷりの演出が付き物と思う。「アメリカン・ハッスル」は、一見、詐欺師たちを巻き込んだ、FBIによる政治家の汚職摘発のドラマではある。しかし、ラブ・コメディの体裁、結構を取りつつ、登場する人物たちの置かれた状況や、満足できない現状から抜け出したい人物たちの夢や欲望、つまりはそれぞれの人物が、巧みに、しっかりと描かれている。

1979年、実際に起こったアブスキャム事件を基にした映画である。FBIが、架空の会社アブゥドゥル・エンタープライズをでっち上げ、捜査官がアラブの実業家に扮し、大物議員たちが逮捕、起訴される。映画は、史実通りではないけれど、骨格は、いまなお、いろいろと議論されているFBIのオトリ捜査である。結果、本作は、練られた脚本に、達者な役者、見せ場たっぷりの演出に支えられ、まことに痛快、爽快な映画になった。

Related article

  • 今週末見るべき映画「マリア・カラスの真実」
    今週末見るべき映画「マリア・カラスの真実」
  • スウィート17モンスター 【今週末見るべき映画】
    スウィート17モンスター 【今週末見るべき映画】
  • わたしたち 【今週末見るべき映画】
    わたしたち 【今週末見るべき映画】
  • 「第15回東京フィルメックス」閉幕、全授賞作品紹介
    「第15回東京フィルメックス」閉幕、全授賞作品紹介
  • 今週末見るべき映画「薄氷の殺人」
    今週末見るべき映画「薄氷の殺人」
  • 今週末見るべき映画Part 2 「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」
    今週末見るべき映画Part 2 「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
  • 3
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 4
    マツダRX-8がマイナーチェンジ、新グレードに「RS」
  • 5
    香りの魔術師「ジョー マローン」、心躍るクリスマスギフトが限定登場
  • 6
    アウディのプレミアムモデルによるカーシェアリング開始
  • 7
    モレスキンとLEGOが結合した限定版ノートブック
  • 8
    ヴィヴィッドな世界観を体感!「ヴェルナー・パントン展」開催
  • 9
    アナ・スイのルーツや価値観を伝える新プロジェクト「SWINGING TOKYO」が始動 山本寛斎らとコラボ
  • 10
    今週末見るべき映画「倫敦から来た男」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加