コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」

2014年 2月 6日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ショーウィンドーがアート一色になるイベント「KISS THE HEART」。今年で3回目となる同イベントは、伊勢丹新宿店、日本橋三越本店、銀座三越の3店のショーウィンドーにて開催中だ。展示作品は3月9日に銀座三越 9階銀座テラス/テラスコートで開催されるチャリティオークションで販売される。

今回は伊勢丹新宿店に作品を展示している彫刻家・コムロタカヒロのインタビューを紹介。アメコミやSFフィギュア調にも見えるカラフルでポップなビジュアル作品とは裏腹に、シニカルで現代社会へのメッセージを込められている彼の作品に、注目が集まる。

コムロさんは2年前の「KISS THE HEART#1」にも参加されていますね。「KISS THE HEART」参加のきっかけを教えてください。

ディレクターの後藤繁雄さんに誘っていただいて参加しました。僕も震災を受けて「なにかできたらいいな」と漠然と考ていた時だったので、お話をいただいた時に引き受けました。


今回の作品のコンセプトを教えて下さい。

展示では「デモゴルゴン」と「ムフシュフシュ」という2作品を展示しています。このネーミングの由来はキリスト教に登場する悪魔の名前です。僕は継続的にモンスターや怪物をテーマとして彫刻を作っています。モンスターや怪獣は既に色々な物がつくられています。例えばギリシャ神話に登場する怪物、ゴジラ、近代のフランケンシュタインなど、僕は小さい頃から大好きで影響を受けていました。

そこで、なぜモンスターや怪物が生み出されてきたのだろうと背景を探ってきた時に、人々に浸透したモンスターは時代の問題や社会的な不安などと関係していることがわかりました。恐らくギリシャ神話も人々が世界の仕組みや不条理を理解するために、法則や力などに当てはめたことにより、神々や怪物がうまれたのではないかと思っています。そして、それを現代で表現する時に、僕も同じように自分が気になる社会的問題を当てはめて、モンスターや怪物を作るようになりました。

撮影©根田拓也
ウィンドー©2014 ISETAN MITSUKOSHI


Related article

  • 寝かせ玄米「結わえる」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(4)
    寝かせ玄米「結わえる」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(4)
  • 建築家・隈研吾の手により、根津美術館がリニューアル
    建築家・隈研吾の手により、根津美術館がリニューアル
  • 全国各地の厳選スイーツが競演「GINZAスイーツフェスタ」
    全国各地の厳選スイーツが競演「GINZAスイーツフェスタ」
  • さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」
    さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」
  • 「フォーシーズンズホテル椿山荘 東京」でイタリアを堪能
    「フォーシーズンズホテル椿山荘 東京」でイタリアを堪能
  • 坂・路地・石垣をめぐってアートに出会う:瀬戸内国際芸術祭
    坂・路地・石垣をめぐってアートに出会う:瀬戸内国際芸術祭

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    深夜までおいしい蕎麦が味わえる店「銀座 真田」
  • 3
    ブルガリ「ソロテンポ」に日本限定エントリーモデル
  • 4
    NY発、デザインコンシャスなコスメ「マリン&ゴッツ」
  • 5
    アレッシイ、2011年春夏コレクション
  • 6
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 7
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 8
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 9
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 10
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加