妄想と現実が入り交じる「SR×SI」の実態/2014、最新テクノロジー(1)

2014年 2月 24日 11:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

最先端のテクノロジーにより、近未来感あふれるSFのような体験や、漫画の世界が現実のものとなりつつある。生活を大きく変える可能性のある最新のテクノロジーを、ピックアップして紹介する。

#01.アート×テクノロジーの最先端。妄想と現実が入り交じる「SR×SI」の実態

最先端テクノロジーの導入によって、エンタテインメントはどんどん進化している。映画館はフィルムからデジタル、そして3Dの時代へ。最新の映像技術を用いて、3D映像の特性をフルスペックで体感させた映画『ゼロ・グラヴィティ』なども記憶に新しい。ゲーム市場においては、キネクトなどによる身体のインタラクティビティが重視されてきているし、今後は3Dスキャン技術の発展によって、さらなる体験型エンタテインメントが開発されていくことだろう。

そしていま、脳科学研究者、アーティスト、エンジニアたちのコラボによって誕生した、まったく新しいエンタテインメント体験装置「SR(代替現実)システム」が各方面から注目を集めている。


「代替現実」とは聞き慣れない言葉だが、専用のヘッド装置(通称「エイリアン・ヘッド」)を装着することによって、過去の映像とリアルタイムで投影されるカメラ映像を交錯させ、いま目の前にある「現実」と「虚構」の境目をゆるがすというもの。2012年に理化学研究所(以下、理研)の藤井直敬氏らによって開発され、現在もさまざまなプロトタイプ・コンテンツが生まれている。そのひとつが、「セクハラ・インターフェイス(以下、SI)」とのコラボレーションだ。

Related article

  • Thank You ! ヴァージン アトランティック航空(5)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
    Thank You ! ヴァージン アトランティック航空(5)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
  • iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信
    iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信
  • ポルシェがル・マンにかえった日/ポルシェ、その伝説と衝動(5)
    ポルシェがル・マンにかえった日/ポルシェ、その伝説と衝動(5)
  • 松井龍哉が語る、10年代のデザイナーとデザインオフィス
    松井龍哉が語る、10年代のデザイナーとデザインオフィス
  • バング&オルフセンの目覚ましクロック「BeoTime」
    バング&オルフセンの目覚ましクロック「BeoTime」
  • MacBook持ち歩くなら、フライターグ新作で
    MacBook持ち歩くなら、フライターグ新作で

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 2
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 3
    写真というメディアの可能性を考える展覧会
  • 4
    『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
  • 5
    今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
  • 6
    アクシスギャラリーで中山英之「小さくて大きな家」展
  • 7
    Interview:孤高の鬼才 デザイナー・秋元一彦氏が語る『ROSA RUGA』の気高き世界
  • 8
    ミラノサローネ2010、挑戦を忘れなかったモローゾ
  • 9
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」
  • 10
    マイナス5℃の極寒世界、銀座に「アイスバー東京」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加