ちひろ美術館・東京で、クヴィエタ・パツォウスカー展が開催中

2014年 3月 27日 17:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

この3月1日(土)から5月18日(日)まで、ちひろ美術館・東京(練馬区下石神井4-7-2)にて、「―Paper Talks 紙のおしゃべり― クヴィエタ・パツォウスカー展」が開催されている。

鮮やかな色彩、デフォルメされたユーモラスな動物や人物たち。遊び心たっぷり、もう、見ているだけで、うきうき、楽しくなる。このすてきな展示は、パツォウスカー氏の9冊の絵本とその原画、紙の彫刻など、約80点。

クヴィエタ・パツォウスカー 『Flying』より 1995年

85歳になるチェコの女性アーティスト、パツォウスカー氏は、1928年、チェコのプラハ生まれ。幼い頃から、本や絵、音楽に囲まれて過ごす。オペラ歌手だった父親は、ナチスがチェコを占領した際、強制収容所に送られ、そのまま帰らなかった。第二次世界大戦後、奨学金を得て、プラハの応用美術学校で、チェコにキュービズムを紹介した画家エミール・フィラに学ぶ。

戦後、社会主義国家となったチェコでは、自由な表現はままならない。パツォウスカー氏のさまざまな表現がいろんな形で花開くのは、1989年のいわゆるビロード革命以後である。まるで堰を切ったかのように、自由な発想の作品が制作される。

以降、現在まで、鮮やかな色彩感覚、自由なフォルムや線、味わい深いレタリング、奔放な構成、独自の発想で、多くの絵本や、リトグラフ、タブロー、紙の彫刻などを作り続けている。

パツォウスカー氏の言葉がある。「芸術とは、一見、私たちにとって全く必要のない、余分なものです。でも同時に、とても美しく、生活にとって大切なものです。しかし、最も美しいものは創造の過程そのものです」。

Related article

  • 家族の肖像 【今週末見るべき映画】
    家族の肖像 【今週末見るべき映画】
  • フリーペーパー「dictionary」がアートの祭典を開催
    フリーペーパー「dictionary」がアートの祭典を開催
  • アンコール!アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016【今週末見るべき映画】
    アンコール!アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「ミモザの島に消えた母」
    今週末見るべき映画「ミモザの島に消えた母」
  • その名に恥じぬ一歩を。第27回東京国際映画祭の全容
    その名に恥じぬ一歩を。第27回東京国際映画祭の全容
  • 日本初、マレーシアの映画の現在を見つめる「シネ・マレーシア2013」
    日本初、マレーシアの映画の現在を見つめる「シネ・マレーシア2013」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展
  • 2
    サンフランシスコの超人気店「TARTINE BAKERY」、ついに日本上陸
  • 3
    今週末見るべき映画「花の生涯 梅蘭芳」
  • 4
    Interview:三保谷友彦 「倉俣史朗を語る」
  • 5
    ジャズ名盤講座第36回「United Artists+Solid State編」United Artistsの魅力を味わう名盤9選!Solid Stateの魅力を味わう9選!
  • 6
    9月8日(土)~9月29日(土)  井上雄輔「Containers in Tokyo」展 開催
  • 7
    マカロン/マッターホーン by Tokyo的 男の手土産
  • 8
    アウディTTクーペの限定モデル「S-line limited」
  • 9
    実は日本では20年ぶり。喜多俊之デザイン展
  • 10
    キング・ジョージ(代官山)/TOKYO、厳選サンドイッチ(1)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加