うわさの詩人、菅原敏とは!?

2014年 4月 24日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

詩人という一風かわったことを職業にしている菅原敏。詩や詩人と言う言葉さえ、読者の方はなじみがないかもしれない。しかし菅原敏は、これまでの詩人に対するイメージとはかけ離れた活動をしている。

詩集という書籍の範疇にとどまらず、様々なメディアを軽やかに飛び越え、テクノロジーとの融合を叶えたりもする、まさに新たな世代の詩人といえるだろう。

詩人 菅原敏

─詩人になろうと思った切掛けを教えてください。

大学時代にアメリカ文学を専攻していたのですが、そのときにビートジェネレーションといわれていた文学世代に出会い、自分にとっては憧れというか、ロックスターみたいな存在が詩人でした。黒いタートルネックを着て、ジャズにのせて詩を読む彼らにファッション的にも、アートフォームとしても惹かれたんです。

当時は自分でもジャズのバンドをやっていて、平行して文学もやっていたので、それらがちょうど合致したのがビートのスタイルでした。また、これは直接的に影響があるかはわかりませんが、祖父が詩を好きで俳句や短歌なども詠んでいて、自費出版で詩集を出したりしていました。時間があれば何か書き物をしているような人でしたね。

─菅原敏はご自身でどんな詩人だと思いますか?

最初にアメリカのプレポストという出版社から詩集を出したのですが、元々この本を出す前からジャズのバンドで作詞・作曲をしながら歌ったり、詩の朗読を行っていました。オレがほかの詩人と大きく違うのは、自分の声で自分の作品を読んだり歌ったりすることだと思います。

紙の上以外での活動が多いですね。詩を知ってもらい楽しんでもらうキッカケになればと、朗読会のステージにユーモアやエンターテイメント性を持たせていることも自分ならではの特徴かもしれません。

YOUTUBEで毎晩配信され、話題を集めている『詩人天気予報』

Related article

  • 森美術館リニューアルオープン記念|シンプルなかたち展
    森美術館リニューアルオープン記念|シンプルなかたち展
  • 日本とモンゴルをつなぐ展覧会|震災支援
    日本とモンゴルをつなぐ展覧会|震災支援
  • ちひろ美術館・東京で、クヴィエタ・パツォウスカー展が開催中
    ちひろ美術館・東京で、クヴィエタ・パツォウスカー展が開催中
  • パリの街角vol.8『ユリスとジョン with シンスケ』
    パリの街角vol.8『ユリスとジョン with シンスケ』
  • イサム・ノグチと剣持勇、幻のBamboo Chair
    イサム・ノグチと剣持勇、幻のBamboo Chair
  • 3日からの「フセイン・チャラヤン展」は大注目
    3日からの「フセイン・チャラヤン展」は大注目

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ニッポンデザインを牽引「渡辺力さんの仕事」
  • 3
    今週末見るべき映画「her/世界でひとつの彼女」
  • 4
    ファッションで見る、実写版映画『ルパン三世』衣装展
  • 5
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 6
    今週末見るべき映画「ゴダール・ソシアリスム」
  • 7
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    ポルシェ911ファン必見。「ポルシェカフェ 青山」がオープン
  • 9
    ランボルギーニ、「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」を日本初披露
  • 10
    今週末見るべき映画「エスケイプ・フロム・トゥモロー」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加