うわさの詩人、菅原敏とは!?

2014年 4月 24日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

─詩人としての2つ目の作品、「詩人天気予報」を始めた理由とは?

2014年の1月からYouTubeで、「朗読」と「天気予報」を組み合わせた「詩人天気予報」という動画を配信しています。ダダイズムのアーティストたちが生み出し、かつてビートジェネレーションの詩人たちも行っていたカットアップ(紙にタイプされたテキストを、一度バラバラにして再構築する)という手法があるのですが、それをいまのテクノロジーを使って再現してみようと、このプロジェクトが始まりました。

言葉を切り貼りして作品を作ることで、なにか新しい発見があるのではと。また、最初の詩集を出して2年ほど経ちますが、次の作品は詩集でなくてもいいという思いもあって2つめの作品として詩人が天気予報を出すというのは、おもしろいと思ったんです。ふざけているし、実験的だなあと。


─明日になれば捨てられてしまう「天気予報」をアーカイブ化する

もうひとつ、「詩人天気予報」には日々の天気をアーカイブしていくというコンセプトがあります。天気予報は普通、明日になれば捨てられるし、誰も昨日の天気予報は気にしないですよね。あえてそこをアーカイブ化することに面白さを感じたんです。「先週の天気予報おもしろかったよね」とか、なんだかポエティックに思えて。

捨てられていく天気予報をオレが救ってやるというか(笑)。いまは毎日夕方5時に気象庁の最終の発表を見てから構成を考えるんですけど、毎日やる大変さと、ふと「何やっているんだオレは…」みたいな部分もありますが、振り返ってアーカイブを見ると結構楽しいです。

実はこの「詩人天気予報」、クラウドファンディングで資金を集めるプロジェクトに成功して、4月1日からラジオ番組になるんです。

Related article

  • ハンドメイドクリスタル「ラリック」09秋冬コレクション
    ハンドメイドクリスタル「ラリック」09秋冬コレクション
  • 世界の一流とアジアの新鋭が集う、香港アートの旅
    世界の一流とアジアの新鋭が集う、香港アートの旅
  • 元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • アクセサリー、写真、食でインドを楽しむ展覧会
    アクセサリー、写真、食でインドを楽しむ展覧会
  • 閉幕迫る「大地の芸術祭2009」北川フラム インタビュー
    閉幕迫る「大地の芸術祭2009」北川フラム インタビュー
  • フェンディの名品バッグをアプリで自由にデザイン
    フェンディの名品バッグをアプリで自由にデザイン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    東京ミッドタウンに「ガリバーテーブル」出現
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    ホンダ「インサイト」には先進のティーチング機能も
  • 4
    今もっとも注目すべき作家・名和晃平「シンセンス」
  • 5
    深澤直人によるジュエリー「Koo-fu」プロジェクト
  • 6
    今週末見るべき映画「ヒトラーの贋札」
  • 7
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 8
    イセタンメンズに男の一生モノが集結、3日から
  • 9
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 10
    iida 2010夏モデル発表、Art Editionsのコンセプトも

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加