新潟・越後妻有アートトリエンナーレの「泊まれる」作品たち(新潟・十日町)/日本を巡る、アートな旅(2)

2014年 4月 14日 10:57 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

とくに宿泊者の特権となる夕方から夜にかけてと夜明けの空は、息を呑むほどで、ふだんなにげなく見ている「空」がこんなに美しかったのかと、誰もが感動するに違いない。



#光の館- House of Light 公式サイト
お問い合わせ:光の館- House of Light tel.025-761-1090
新潟県十日町市上野甲2891 
料金:施設利用料施設利用料¥20,000+1人当り利用料¥4,000(小学生¥2,000、小学生未満無料)
※8名で利用の場合:¥20,000+¥4,000×8=¥52,000
食事:ケータリング or 自炊。夕食¥2,160~、朝食¥1,080
※調理器具の貸し出し有

芸術祭期間中以外も、「大地の祭り」、「雪アートプロジェクト」など多様な催しが、地域の祭りや行事とともに通年で楽しめる場所。宿泊できるアートだけでなく、カフェやレストランなどもある。芸術祭期間中は大混雑必至。それ以外の時にのんびり滞在して、のんびり作品を巡るのが、おすすめの旅スタイルだ。

お問い合わせ:大地の芸術祭の里 総合案内所 tel.025-761-7767
住所:〒948-0003 新潟県十日町市本町6 越後妻有里山現代美術館 [キナーレ] 内
越後妻有トリエンナーレ・大地の芸術祭の里

ベネッセハウス(香川・直島)/日本を巡る、アートな旅(1)
里山十帖(新潟・大沢山温泉)/日本を巡る、アートな旅(3)
二期倶楽部(栃木・那須温泉)/日本を巡る、アートな旅(4)
大黒屋(栃木・板室温泉)/日本を巡る、アートな旅(5)

Related article

  • 今週末見るべき映画「天才スピヴェット」
    今週末見るべき映画「天才スピヴェット」
  • 妄想と現実が入り交じる「SR×SI」の実態/2014、最新テクノロジー(1)
    妄想と現実が入り交じる「SR×SI」の実態/2014、最新テクノロジー(1)
  • 木村伊兵衛写真賞受賞、岡田敦の個展「ataraxia」
    木村伊兵衛写真賞受賞、岡田敦の個展「ataraxia」
  • 街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
    街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
  • 今週末見るべき映画「ポルトガル、ここに誕生す~ギマランイス歴史地区」
    今週末見るべき映画「ポルトガル、ここに誕生す~ギマランイス歴史地区」
  • F1マシンのデザイン展「F1 疾走するデザイン」
    F1マシンのデザイン展「F1 疾走するデザイン」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    東京ミッドタウンに「ガリバーテーブル」出現
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    ホンダ「インサイト」には先進のティーチング機能も
  • 4
    今もっとも注目すべき作家・名和晃平「シンセンス」
  • 5
    深澤直人によるジュエリー「Koo-fu」プロジェクト
  • 6
    今週末見るべき映画「ヒトラーの贋札」
  • 7
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 8
    イセタンメンズに男の一生モノが集結、3日から
  • 9
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 10
    iida 2010夏モデル発表、Art Editionsのコンセプトも

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加