二期倶楽部(栃木・那須温泉)/日本を巡る、アートな旅(4)

2014年 4月 14日 10:59 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しい食事、のんびりした時間、デトックスに温泉、観光…。旅の目的は様々だが、最近、増えているのが「アート」にふれあう旅。越後妻有トリエンナーレや、瀬戸内国際芸術祭など、日本各地で行われているアートイベントに参加することはもちろん、「宿」「ホテル」自体が「アート」という施設を目的に旅をする、というのもまた楽しいもの。日本全国から「アートな宿」と呼ぶにふさわしい五つをご紹介。

#04.デザインをインフラに。美意識や真の心地よさを追求するスパリゾート/二期倶楽部(栃木・那須温泉)

「ベネッセハウス」や「里山十帖」のように、オーナーの強い想いとアートセンスを元に生み出された宿やホテルが日本にも増えているが、その元祖とも言える存在が「二期倶楽部」。那須高原山麓の広大な森の中に、わずか6室からなるゲストハウスが作られたのは1986年。

以来27年、オーナー・北山ひとみ氏の独自の価値観と美意識に研ぎ澄まされ、四季折々の自然や文化の薫りに包みこまれた美しいホテルへと進化を続けている。


「それまでの経済効率を優先した考えではなく、デザインをインフラとして、美意識や真の心地良さを追求しでき上がったものが、二期倶楽部のハードやソフトオペレーションです」。そんな北山氏が作り上げた、いや、いまだ未完のアートコロニーをご紹介しよう。


「二期倶楽部」のはじまりは、「にき倶楽部1986(本館)」。当時はまだ駆け出しだった渡辺明氏が設計した本館は1986年にわずか6室のオーベルジュとしてオープン。その後、1997年、空間デザイナー杉本貴志さんによる14室の別館客室や、パブリックスペースを増築した。

渓流沿いに建つ別館は、2室または1室ずつ独立した離れに。メインダイニング「ラ・ブリーズ」や、夜はバーにもなるラウンジ、オーナーが集めた多数の本が並ぶライブラリーなど、どこもオーセンティックで親密な空気感だ。


Related article

  • 森美術館、2011年の企画展は?
    森美術館、2011年の企画展は?
  • メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • ラフォーレミュージアム原宿で「個展 忌野清志郎の世界」開催中
    ラフォーレミュージアム原宿で「個展 忌野清志郎の世界」開催中
  • 秘密のレシピ/アンリ・ルルー、世界で唯一のキャラメリエ(1)
    秘密のレシピ/アンリ・ルルー、世界で唯一のキャラメリエ(1)
  • パディントンに会いに英国へ!(4)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
    パディントンに会いに英国へ!(4)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
  • 今週末見るべき映画「100歳の華麗なる冒険」
    今週末見るべき映画「100歳の華麗なる冒険」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アストンマーティン、究極のロードスター「ヴァンテージ GT12 ロードスター」を発表
  • 2
    養老孟司×山中俊治スペシャルトーク「骨のはなし」
  • 3
    注目にはドッカーン加速で。ラクで楽しいNM4|試乗レポート
  • 4
    メンズのクラッチ/注目すべき、厳選メンズバッグ(5)
  • 5
    長山智美のムームー日記SP「おバカモノセレクション」1
  • 6
    タッチセンサー内臓のロジクール「Touch Mouse M600」
  • 7
    アラン・デュカスと京都三大名店による“食の饗宴”
  • 8
    エンツォ・マーリ新作は「和弓」がモチーフ
  • 9
    新しいファミレスのかたち「100本のスプーン」あざみ野にオープン
  • 10
    ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加