『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

六本木がアートのハブになる夜「動け、カラダ!」六本木アートナイト2014

2014年 4月 16日 09:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年に引き続きアーティスティックディレクターを務める 日比野克彦氏と共に今年も一夜限りのアートの饗宴が六本木で開催される。 2014年4月19日〜20日の「六本木アートナイト」だ。昨年は延べ83万人が来場してアートを体感する一夜となった。今年は、イベント当日だけではなく、当日を迎えるまでの制作過程にも参加者を募って開催までを盛り上げてきた。  

例えば古着を使った作品『カラダひとつプロジェクト』では、作品制作に参加できる事前のワークショップ『カラダひとつ工房』を開催したり、ダンスパフォーマンスを取り入れながら六本木の街で展開する六本木パレード『ふわりたい ながれたい つなぎたい』では、事前公募により選ばれた一般参加者がプロダンサーと共に練習を積み重ね、アートナイト当日にパフォーマンスを披露する。

そのほかにも 若手からベテランまで日本人アーティストだけでなく、海外から招聘したアーティストも交え、幅広いジャンルのアートを街中のストリート、公園などに点在させ、六本木の夜を彩る。

『カラダひとつプロジェクト』は、 古着を再利用した巨大なパッチワークのアート作品を制作する西尾美也氏が、「六本木アートナイト2014」のために、六本木周辺で集めた約2000枚もの古着を使用した作品3点を制作・展示する。 作品の材料となる古着を広く一般から募集するとともに、集まった古着で西尾氏と一緒に作品をつくる仲間を募集し、その仲間達と共に六本木で滞在制作を行った一般参加型プロジェクト。

西尾美也氏の作品『花柄/花』2011年 撮影:下道基行

公開ワークショップの風景

Related article

  • 池田晶紀+ワタナベアニ+常盤響「さんにんのパリ」写真展
    池田晶紀+ワタナベアニ+常盤響「さんにんのパリ」写真展
  • フィオナ・タン、都内初の大規模個展を開催
    フィオナ・タン、都内初の大規模個展を開催
  • 創作の現場を見つめる写真家の眼。久家靖秀「Atelier」
    創作の現場を見つめる写真家の眼。久家靖秀「Atelier」
  • インタビュー:ギ・コジュヴァル オルセー美術館館長
    インタビュー:ギ・コジュヴァル オルセー美術館館長
  • エキサイトイズム for iPadをリリース、瀬戸内国際芸術祭特集
    エキサイトイズム for iPadをリリース、瀬戸内国際芸術祭特集
  • 「チャロー!インディア:インド美術の新時代」展
    「チャロー!インディア:インド美術の新時代」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 2
    パトリシア・ウルキオラが内装|国内初旗艦店「MOLTENI&C TOKYO」
  • 3
    吉岡徳仁によるスワロフスキー旗艦店が銀座に
  • 4
    大人の男の成熟を描く、「ブルー ドゥ シャネル」 
  • 5
    今週末見るべき映画「塀の中のジュリアス・シーザー」
  • 6
    横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
  • 7
    総額一億円相当!ベネチアンモザイクの「SICIS」オープン
  • 8
    メルセデス・ベンツ、新型「Gクラス」を発表
  • 9
    2011年の締めくくりは、ザ・リッツ・カールトン東京で
  • 10
    Bang & Olufsenのエキシビジョンが開催

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加