今週末見るべき映画「ある過去の行方」

2014年 4月 19日 16:53 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

イランのアスガー・ファルハディ監督は、語り口の巧さですでに定評がある。「彼女が消えた浜辺」、「別離」でのファルハディ演出は、緊張感に溢れ、精緻を極める。脚本、演出は、人間心理に深く切り込み、盛り込んだサスペンスが連続し、まさにファルハディ・ワールドに観客を引きずりこんでいく。アスガー・ファルハディの新作「ある過去の行方」(ドマ、スター・サンズ配給)の舞台は、パリ。といっても、名所旧跡の類は、まったく登場しない。

フランス人の妻マリー=アンヌと4年前に別居、いまはテヘランに住むアーマドが、正式の離婚手続きをするために、パリに戻ってくる。マリー=アンヌには、すでに新しい恋人サミールがいて、サミールの息子と、マリー=アンヌのふたりの娘と、新しい生活を始めようとしている。


アーマドは、16歳になる長女リュシーから、衝撃的な告白を聞く。アーマドは、マリー=アンヌとサミール、サミールの妻の、明らかにされていなかった衝撃の事実と立ち向かうことになる。さらに、ドラマは二転三転し、アーマド、マリー=アンヌ、サミール、リュシーの不安や苛立ちを、丹念に映しとっていく。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ある天文学者の恋文」
    今週末見るべき映画「ある天文学者の恋文」
  • 「第18回東京フィルメックス」閉幕ー最優秀作品賞は2作品に
    「第18回東京フィルメックス」閉幕ー最優秀作品賞は2作品に
  • 今週末見るべき映画「ブンミおじさんの森」
    今週末見るべき映画「ブンミおじさんの森」
  • 今週末見るべき映画「ニューヨーク、恋人たちの2日間」
    今週末見るべき映画「ニューヨーク、恋人たちの2日間」
  • 今週末見るべき映画「オン・ザ・ロード」
    今週末見るべき映画「オン・ザ・ロード」
  • いよいよ最終日間近。パリで賞賛を受けた高橋理子展覧会
    いよいよ最終日間近。パリで賞賛を受けた高橋理子展覧会

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」
  • 2
    日本初公開、カート・コバーン生前最後の姿を撮影した写真展
  • 3
    セロテープ誕生60年記念 瀬畑亮 セロテープアート展
  • 4
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 5
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 6
    (0) 手仕事により、フォルムをつくり直した女性と男性のための服
  • 7
    神保町のレトロ空間に誕生、「51%Tokyo」とは。
  • 8
    ジャガーX-TYPEに100台の限定モデル
  • 9
    人と土地のエネルギーを享受する別府の温泉×アート「混浴温泉世界2012」
  • 10
    イデーから新作家具「CONTOUR」キャビネット シリーズ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加