既存の枠組を無効化する、ちいさな光「拡張するファッション」

2014年 4月 26日 11:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションを軸に、現代のクリエーションについて考える展覧会「拡張するファッション」が、水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催中だ。


本展では、90年代以降のファッションやアートを中心に、写真やストリートカルチャー、ZINE、ファインアートや、DIYカルチャーなどが関連づけられ、それらさまざまな表現分野が、国内外のアーティストたちのクリエーションとともに、時代背景と結びつき、横断的に紹介されている。

1990年代に資生堂の企業文化誌「花椿」の編集者として、国内外のファッションやアートシーンを取材してきた、ジャーナリストである林央子が、2011年に出版した著書「拡張するファッション」をベースにした本展は、その本の中に登場したアーティストやメディアに加え、2010年以降の注目されるアーティストたちの活動を交え展開される。

11組のアーティストによる7つのセクションで構成される本展のプロローグは、パスカル・ガテンによる「プロローグ ファッションは分かち合う行為」。パスカル・ガテンはファッションの思想家ともいうべき、オランダ人ファッション批評家。ガテンは、展覧会に先立ち、本展で美術館の監視員が普段着用する制服を、監視員本人自身がつくるワークショップを行った。


それらの制服は、かたち、色、素材に創意工夫をしてつくった一点もの。自分が着ることが楽しくなるような、1人ひとりが着たいと思う気持ちを大切にしながら、アドバイスし、ときに励ましながら創り上げていったという。それら制服作成プロセスは、水戸芸術館の特設ブログで現在も更新中だ。

「パスカル・ガテン<Work Circles> 2013年」

Related article

  • あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/3)前田エマ
    あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/3)前田エマ
  • ポートランド発人気のライフスタイル誌『KINFOLK』の日本版が登場
    ポートランド発人気のライフスタイル誌『KINFOLK』の日本版が登場
  • パフォーマンス集団・3ガガヘッズ|世界が認めた越境コメディアン|Interview
    パフォーマンス集団・3ガガヘッズ|世界が認めた越境コメディアン|Interview
  • 写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
    写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
  • 今週末見るべき映画「ディオールと私」
    今週末見るべき映画「ディオールと私」
  • ギャラリー小柳で「須田悦弘展」が開幕
    ギャラリー小柳で「須田悦弘展」が開幕

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • 3
    今週末見るべき映画「起終点駅 ターミナル」
  • 4
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 5
    上質なポートワイン×ショコラを味わうのが、大人の愉しみ
  • 6
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 7
    伊勢丹新宿店 食品フロアが6/13リニューアル
  • 8
    最新のデザイン「Fx0」|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(1)
  • 9
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 10
    「MoMA Design Store」が秋冬コレクション発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加