既存の枠組を無効化する、ちいさな光「拡張するファッション」

2014年 4月 26日 11:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ガーリームーブメント再考 日常への視点、自発性、複数の表現手段」では、時代のなかで現れては消えていく表面的な「流行」とはことなる、切実で、自由な実験精神のなかから生まれてきたカルチャーに光をあてる。そのような動きのひとつで、60年代のフェミニズムから派生した運動が「ガーリームーブメント」である。

そんな、ライオットガール(怒れる少女たち)に代表される、ガーリー運動に刺激を得たアーティストの一人として、ミランダ・ジュライがあげられる。ジュライは、パフォーマンス、映画、小説など、複数の表現手段でいまも作品を発表し続ける、現代アメリカのアーティスト。ここではジュライが96年に初めて撮影した映像作品も特別上映される。


そんな、若い女性たちの自発性、日常への眼差しは、現代もいきいきと息づいている。本展の主要なテーマのひとつであるガーリームーブメント、DIY精神を現代において特徴づけるもののひとつとなっている、そんな若い女性たちの自発性は、続く展示となっている、水戸周辺に暮らすティーンたちの、服との出会いをめぐる物語のなかにも現れている。彼女たちの、日常風景のありのままのスケッチ、ともいえるこれらの展示は、会期中にも更新されていくという。


アーティスト青木陵子のドローイングやオブジェクト、90年代から活躍する写真家の長島有里枝の写真は、そんなガーリームーブメントとは少し距離を置いて作品を手がけ(青木)、かたや、ガーリー写真の旗手と言われた(長島)両者の日常やアートへの向き合い方をピュアに映し出していて、興味深い。


本展で林は、生活の中から生まれるアートというものに主軸を置いているようにみえる。それは、アートということをことさら意識せずとも、生活の中にアートがあるのだ、というスタンスである。家族や、血のつながりを意識させる2人の女性作家の作風は、ある意味対比的だ。

だが、双方を見比べてみることで、90年代のガーリームーブメントから20年の時を経て、バーチャルでは生み出しえない、ともに生活のなかから生まれる力強いリアリティ、というアート本来がもつであろう共通項が浮かび上がってくる。

Related article

  •  ビブリオファイル Cruising 7月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 7月のおすすめ
  • 今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」
    今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」
  • いよいよ最終日間近。パリで賞賛を受けた高橋理子展覧会
    いよいよ最終日間近。パリで賞賛を受けた高橋理子展覧会
  • ペット用自動給餌器「PETLY」のある暮らし
    ペット用自動給餌器「PETLY」のある暮らし
  • ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
  • 原美術館「杉本博司 ハダカから被服へ」。写真が語る装うことの意味
    原美術館「杉本博司 ハダカから被服へ」。写真が語る装うことの意味

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    B&B ITALIA、夏のアウトドア家具新作
  • 3
    音降る部屋は心地よい、パイオニア「ACCO」
  • 4
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 5
    しあわせな人生の選択 【今週末見るべき映画】
  • 6
    タイム アンド スタイルの新作は「クラシカル」
  • 7
    オランダのデザイナー展「トレジャー・ハント:心を捉えるものは何?」
  • 8
    フリッツ・ハンセン ー次なる新作の製作をミラノで披露
  • 9
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」
  • 10
    東京デザイナーズウィークレポート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加