銀座メゾンエルメスにて開催「コンダンサシオン」展

2014年 4月 28日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・銀座5丁目にある「銀座メゾンエルメス」。イタリアを代表する建築家レンゾ・ピアノ氏が手がけたガラスブロックの建物を知っている人も多いだろう。このビルの8階に位置するフォーラムで6月30日まで開催されているのが「コンダンサシオン:アーティスト・イン・レジデンス展 エルメスのアトリエにて」である。

©Nacása&Partners Inc./Courtesy of Fondation d'entreprise Hermès
銀座メゾンエルメス フォーラム「コンダンサシオン」展会場風景

2010年夏より始まった「アーティスト・イン・レジデンス」というプログラムは、現代美術と優れた職人技を連携させたいと願うエルメス財団によって運営されている試みのひとつ。意欲のある若手アーティストをエルメスの工房に招き入れ、エルメスが所有する高い技術や素材を使って作品を制作するというものだ。本展では2010~2013年の4年間にこのプログラムに参加した、16名のアーティストの作品すべてが展示されている。

©Nacása&Partners Inc./Courtesy of Fondation d'entreprise Hermès
ブノワ・ピエロン 銀座メゾンエルメス フォーラム「コンダンサシオン」展にて

アーティストたちは工房というある種の特異性をもつ空間で何を見て、何を感じ、どのように作品を生み出してきたのか―。エルメスの工房とひと口にいってもクリスタル、革、銀、シルク、靴とあり、見えてくるものも感じることも異なるだろう。しかし、火の燃え立つ音、銀の触れ合う金属音、革を突き抜ける針の音、検分される革たちが擦れ合う音。そこで生まれるハーモニーがアーティストを夢想させ、物質に価値を与えていく過程は同じなのかもしれない。

Photo Tadzio©Fondation d'entreprise Hermès
マリン・クラス ピュイフォルカ工房にて

Related article

  • ルーヴル美術館から東北へのメッセージ
    ルーヴル美術館から東北へのメッセージ
  • 第15回東京フィルメックス。作品一挙紹介
    第15回東京フィルメックス。作品一挙紹介
  • 「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」、六本木ヒルズにオープン
    「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」、六本木ヒルズにオープン
  • 「エランシル」から燃えやすい体にしてくれる美容液
    「エランシル」から燃えやすい体にしてくれる美容液
  • サロン・デュ・ショコラ-注目のショコラ
    サロン・デュ・ショコラ-注目のショコラ
  • テーマは「都市と自然」。札幌国際芸術祭レポート
    テーマは「都市と自然」。札幌国際芸術祭レポート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アストンマーティン、究極のロードスター「ヴァンテージ GT12 ロードスター」を発表
  • 2
    アラン・デュカスと京都三大名店による“食の饗宴”
  • 3
    エンツォ・マーリ新作は「和弓」がモチーフ
  • 4
    新しいファミレスのかたち「100本のスプーン」あざみ野にオープン
  • 5
    ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)
  • 6
    今週末見るべき映画「抱擁のかけら」
  • 7
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    日本初公開、山本耀司による絵画展
  • 9
    リビング・モティーフが選ぶ、ワークスペースにおすすめのアイテム
  • 10
    橋から着想、ステイショナリーブランド・ポスタルコのバッグ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加