まずは王道ブランドから/ミラノデザインウィーク2014。極上のデザインを探しに(2)

2014年 5月 19日 11:57 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年4月、イタリアのミラノでは家具の見本市「ミラノサローネ」や市街でのデザインイベントが開催され、盛り上がる。一流のデザイナーやブランドの、デザインマインドが結集する1週間。最新のライフスタイルとデザインを探った。

#02.代表ブランドの新作は?<Part1>まずは王道ブランドから

主要なイタリア家具のブランドは見本市会場に戻ってきた。というのも、ここ数年は会場外でプライベートイベントを開くことが少なくなかったが、今年はカッシーナを初めとする多くのブランドが会場に戻って、盛り上がりを見せた。見本市会場から、市内のショールームまで、代表的なブランドの新作を速報する。

<cassina/カッシーナ>
イ・マエストリコレクション(過去の巨匠のシリーズ)からは、LC4シェイズ・ロングの限定モデルが注目だ。革やバッグのルイ・ヴィトンが2014−2015の新作と連動させた革を張った。‘究極のリラクシングマシン’と称し、フランスの偉大な家具デザイナー、シャルロット・ペリアンとカッシーナへのオマージュとして発表された。


またル・コルビジェが1934年に自宅を引っ越したときにデザインしたLC5ソファも、新たな仕上げとサイズで再編集された。注目はLC5の象徴ともいえるメタルフレームが、柔らかなカラーで塗装されたこと。グレーやライトブルー、ベージュなど7色から選べ、現代の暮らしに合う、名作として日本でも人気が出そうだ。


一方、現代のデザイナーがデザインするシリーズ。ルカ・ニケットのデザインの「トレイ」は、日本でもすでに第一弾が発売され好評だが、さらにバリエーションが増えた。新色の赤や大理石バージョン、正方形、トライアングル型が登場し、コーディネートがより楽しくなった。


ジャン・ヌーヴェルのテーブルはとにかく薄い。「2=1」と題されたテーブルは15mmの薄いガラスがテーブルトップ。2台を交差させたり、重ねて使うことができる。

Related article

  • ピート・ヘイン・イーク インタビュー 前編
    ピート・ヘイン・イーク インタビュー 前編
  • ライフスタイルショップの今とこれから
    ライフスタイルショップの今とこれから
  • ドイツのデザイン水栓金具「アクサー」新コレクション
    ドイツのデザイン水栓金具「アクサー」新コレクション
  • 栩翁S(クオウエス)/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(1)
    栩翁S(クオウエス)/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(1)
  • パナソニックが目指すこと―ミラノサローネ出展を振り返る
    パナソニックが目指すこと―ミラノサローネ出展を振り返る
  • ミラノのステイショナリーブランドNAVAから深澤直人デザイン
    ミラノのステイショナリーブランドNAVAから深澤直人デザイン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    思考をずらす笑いの視点、福田繁雄大回顧展
  • 2
    森美術館、2011年の企画展は?
  • 3
    夏の銀座でジャパンカルチャーを楽しむ 『銀座三越 アート&クリエーション』
  • 4
    著名シェフ総勢28名による「丸の内シェフズクラブ」が発足
  • 5
    夢の一歩を踏み出した、“シンマイ”ファッションデザイナーたち
  • 6
    伝統技巧とデザインの融合、飛騨春慶×日本デザインコミッティー
  • 7
    君の名前で僕を呼んで 【今週末見るべき映画】
  • 8
    吉岡徳仁「2009ミラノサローネ」プレビュー(2)
  • 9
    フォトギャラリー: 伊勢丹新宿店  DESIGNTIDE TOKYO 2012
  • 10
    官能をも備えた大人のスポール、プジョーRCZ R

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加