北欧ブランドに新しい波/ミラノデザインウィーク2014。極上のデザインを探しに(5)

2014年 5月 19日 12:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年4月、イタリアのミラノでは家具の見本市「ミラノサローネ」や市街でのデザインイベントが開催され、盛り上がる。一流のデザイナーやブランドの、デザインマインドが結集する1週間。最新のライフスタイルとデザインを探った。

#05.北欧ブランドに新しい波

イタリア家具の強いイベントではあるが、やはり存在感あるのが北欧のブランドだ。近代の工房として誕生し、その後工業化を経て、現代の企業へ。多くのデザイナーの名作家具を生み出した北欧の企業が、この数年で世代交代や経営方針の改革を迎え、大きく前進している。

<CARLHANSEN&SON/カールハンセン&サン>
ハンス・JウェグナーのYチェア(海外ではウィッシュボーンチェアと呼ばれる)で知られるカールハンセン&サン。イギリスのファッションデザイナー、ポール・スミス&マーハムがデザインしたファブリックを張った新作を発表。


今回のコラボレーションにあたり、ポール・スミス自身が、自分の好きなウェグナー作品から椅子をセレクト。全世界のポール・スミスブティックでも注文が可能だという。

「CH24」/Yチェアとして日本でも愛用されている椅子。1950年に誕生。日本ではシンプルで、和室にもあうと人気が高いが、座面が変わるとモダンで色気のあるチェアに変身。


「CH07」/通称スリーレッグドシェルチェア。オリジナルは1963年のデザイン。


「CH163」/もとは無駄のないデザインのソファだが、カラートーンのメリハリある生地で、レトロモダンな雰囲気にも見える。

Related article

  • スウェーデン発、子どもの「暮らしをつくる」おもちゃ
    スウェーデン発、子どもの「暮らしをつくる」おもちゃ
  • 正しい森づくりを more treesの取り組み(2)
    正しい森づくりを more treesの取り組み(2)
  • 代官山にLOVE HOTELが出現?:速報!秋の東京デザイン祭り
    代官山にLOVE HOTELが出現?:速報!秋の東京デザイン祭り
  • 東京デザイナーズウィーク レポート第三弾
    東京デザイナーズウィーク レポート第三弾
  • Design Tide 2007 レポート
    Design Tide 2007 レポート
  • 新たなロイドルーム家具を提案し続けるヴィンセント・シェパード
    新たなロイドルーム家具を提案し続けるヴィンセント・シェパード

Prev & Next

Ranking

  • 1
    オールド上海の華やぎのなかで、モダン上海テイストを味わう
  • 2
    アンチエイジングに働きかける ぶどう発芽水
  • 3
    常盤新平―遠いアメリカ―展
  • 4
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 5
    今週末見るべき映画「ローマ法王の休日」
  • 6
    開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」
  • 7
    世界的なパティシエがやっている“町のお菓子屋さん”
  • 8
    今週末見るべき映画「シャドー・ダンサー」
  • 9
    「ババグーリ」の新作小物は早くも夏の香り
  • 10
    バンコクから世界へ。20周年のマンゴツリーが横浜に

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加