ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界

2014年 5月 28日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

「アンディ・ウォーホール展」が大盛況であった森美術館。次なる展覧会は5月31日から開催される「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」だ。

ウォン・ソンウォン ≪寝坊して≫(「7歳の私」シリーズより) 2010年 タイプCプリント 86×120cm

展覧会のタイトルにもある“go-betweens(ゴー・ビトゥイーンズ)”とは「媒介者」のこと。19世紀末に、ニューヨークの貧しい移民の暮らしを取材した写真家ジェイコブ・A・リースは、英語が不自由な両親の橋渡しとしてさまざまな用事をこなす移民の子どもたちのことを「ゴー・ビトゥイーンズ(媒介者)」と呼んだ。

ジェイコブ・A・リース 「貧困層の子供たち」シリーズより 1890年頃 ゼラチン・シルバー・プリント 20.5×25.2 cm 東京都写真美術館蔵

本展ではそうした異なる文化の間、現実と想像の世界の間など、さまざまな境界を自由に行き来する子どもの性質に注目し、子どもの視点を通して見ることで、彼らが直面する政治・家族・文化的諸問題の数々に目を向けている。展示されているアーティストは以下のとおり(姓のアルファベット順)。

クリスチャン・ボルタンスキー
リネカ・ダイクストラ
ルイス・W・ハイン
テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー
影山光洋
菊地智子 
金仁淑(キム・インスク)
近藤聡乃
小西淳也
宮武東洋
トレーシー・モファット 
スヘール・ナッファール&ジャクリーン・リーム・サッローム
奈良美智
大竹省二
ジェイコブ・A・リース
塩田千春
ストーリー・コー
フィオナ・タン
照屋勇賢
サンテリ・トゥオリ
梅佳代 
ウォン・ソンウォン
ウォン・ホイチョン
山本高之
吉岡専造 
ジャン・オー

Related article

  • アール・デコを生活文化の中に見る展覧会
    アール・デコを生活文化の中に見る展覧会
  • ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
  • デヴィッド・リンチ展、渋谷ヒカリエで開催中
    デヴィッド・リンチ展、渋谷ヒカリエで開催中
  • 印象派革命の引き金を引いた、エドゥアール・マネ
    印象派革命の引き金を引いた、エドゥアール・マネ
  • 今週末見るべき映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
    今週末見るべき映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
  • 渋谷に本の拠点、SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
    渋谷に本の拠点、SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS

Prev & Next

Ranking

  • 1
    クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」
  • 2
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 3
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 4
    新宿に新しい「場所」ブルックリン パーラーがオープン
  • 5
    北米生まれのSUV「FJクルーザー」日本導入へ
  • 6
    ボルボが放つ新世代コンパクトSUV「V40 クロスカントリー T5 AWD」
  • 7
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 8
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 9
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 10
    今週末見るべき映画「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加