今週末見るべき映画「収容病棟」

2014年 6月 27日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

マー・ユンドー(馬雲徳)は収容11年。妻が時折、見舞いに来る。二人の息子がいるが、次男が生まれた直後に、マーは病気になったらしい。次男は、生まれつき、脳が発育不全で、歩行が困難。息子の世話もあって、妻はマーを病院に入れた。マーは次男に暴力を振るったようだ。

収容3年、まだあどけない顔立ちのウー・シェンソン(伍申松)は、体に入れ墨のように字を書いたり、必要以上に、注射をしてくれと言う。文字の読み書きがあまり出来ないので、ほかの患者に、字を習っている。

プー・チョンイー(普成義)は収容9年。階下の女性収容棟に恋人がいるらしく、夜、格子越しに愛をささやいている。相手の女性は、一人っ子政策に異を唱えたことから収容された。

シュー・シャオイェン(朱小宴)は収容11年。病院の帰宅措置で、何度か、病院から近くの自宅に帰っている。シューは、自宅に戻っても仕事はない。人のいない道を、ただ、歩き続ける。

時間が止まったように、収容病棟の一日が始まり、終わる。その繰り返しである。


<作品情報>
「収容病棟」
6月28日(土)より、Wang Bing and Y. Production
配給:ムヴィオラ
©Wang Bing and Y. Production
公式サイト

文/二井康雄

Related article

  • 今週末見るべき映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
    今週末見るべき映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
  • 今週末見るべき映画「サウルの息子」
    今週末見るべき映画「サウルの息子」
  • 今週末見るべき映画「さざなみ」
    今週末見るべき映画「さざなみ」
  • 今週末見るべき映画「緑はよみがえる」
    今週末見るべき映画「緑はよみがえる」
  • オリーブの樹は呼んでいる【今週末見るべき映画】
    オリーブの樹は呼んでいる【今週末見るべき映画】
  • 「第18回東京フィルメックス」閉幕ー最優秀作品賞は2作品に
    「第18回東京フィルメックス」閉幕ー最優秀作品賞は2作品に

Prev & Next

Ranking

  • 1
    タブーを打ち破った1台・日産GT−R、試乗レポート
  • 2
    今週末見るべき映画「スノーピアサー」
  • 3
    ミラノサローネ2010、新デザイナーの起用 フレデリシア
  • 4
    BMWのSUV、X5とX6に「Mモデル」追加
  • 5
    「ピエールマルコリーニ・エクレア」販売スタート
  • 6
    ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)
  • 7
    クルーズ新世紀(2)~ism世代のマイシップ|ダイヤモンド・プリンセスの楽しみ方
  • 8
    フィリップ・スタルクデザイン、高機能ヘッドフォン『Parrot Zik』

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加