今週末見るべき映画「her/世界でひとつの彼女」

2014年 6月 27日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

円周率を気が遠くなるほどの桁まで、大容量のコンピューターが計算する。将棋やチェスの達人を、コンピューターが負かす。人工知能とやらを積載したコンピューターが、いろいろと推測し、考える。大変な時代になったと思う。コンピューター関係には疎いので、その詳細は知らないが、機械の進歩はすごいことのようだ。

今年のアカデミー賞の作品賞にノミネートされた9本の映画で、見ていなかった最後の映画が、「her/世界でひとつの彼女」(アスミック・エース配給)で、このほどの公開となった。


監督・脚本はスパイク・ジョーンズ。妻と離婚調停中の男セオドアが、サマンサと名乗る人工知能のAI型OSを知り、声だけのサマンサに恋をするといった、一見、ラブ・ストーリーである。が、しかし、単なるラブ・ストーリーではない。監督デビューにして、傑作「マルコヴィッチの穴」を撮ったスパイク・ジョーンズである。なんと、俳優ジョン・マルコヴィッチの脳内に侵入、15分だけ、マルコヴィッチその人になれるという奇想天外さ。脚本のチャーリー・カウフマンとコンビでの「アダプテーション」では、原作を映画化する状況そのものを映画にしてしまう虚実皮膜を、一気に見せてくれた。また、スパイク・ジョーンズは、チャーリー・カウフマン監督の気宇壮大なドラマ「脳内ニューヨーク」(イズムでも紹介)のプロデューサーでもある。


そのようなスパイク・ジョーンズの撮った映画は、単なるラブ・ストーリーであるわけがない。ロマンチックであるわけがない。愛についての直球の映画であるわけがない。本作は、痛烈な文明批評であり、近未来への高らかな警鐘であり、コンピューター社会に潜むおぞましさを暗喩する、背筋が凍るほどのホラーである。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ボーダレス ぼくの船の国境線」
    今週末見るべき映画「ボーダレス ぼくの船の国境線」
  • 今週末見るべき映画「アリスのままで」
    今週末見るべき映画「アリスのままで」
  • 今週末見るべき映画Part 1 「ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ」
    今週末見るべき映画Part 1 「ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ」
  • 今週末見るべき映画「胡同の理髪師」
    今週末見るべき映画「胡同の理髪師」
  • 今週末見るべき映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」
    今週末見るべき映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」
  • 今週末見るべき映画「華麗なるアリバイ」
    今週末見るべき映画「華麗なるアリバイ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ダイヤモンドの鍵盤でジャズを。ピアジェの新作
  • 2
    かくも美しいリアルな夢。アルファ ロメオ4C
  • 3
    今週末見るべき映画「ロブスター」
  • 4
    世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭
  • 5
    近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
  • 6
    フランス、カルティエ現代美術財団でビートたけし/北野武の展覧会
  • 7
    今もっとも注目すべき作家・名和晃平「シンセンス」
  • 8
    The NET 網に囚われた男 【今週末見るべき映画】
  • 9
    パーク ハイアット 東京の「2014年クリスマスセレクション」
  • 10
    全く新しいアロマディフューザー「ECRIT」とは?

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加