和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を

2014年 6月 10日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

障子、襖、うちわ、色紙、習字紙、それとも、寺社で見かける屏風や衝立?ふっと、脳裏に湧いてくる存在ではないだろうか?『和紙』といえば、物心ついた頃から身のまわりにそれとなく存在している「日本のごく伝統的なもの」のイメージが。そして、そこにはきっと、安心感や懐かしさといった、どこかあたたかい気持ちが含まれていたりして。

言うまでもなく、日本が誇る伝統工芸のひとつである和紙。東西問わず、欧米諸国では、文化財や絵画、古文書の保存・修復素材として不可欠なものだと重宝され、アーティストたちは美術紙や素材として使うなど、その世界的評価はすこぶる高い。

しかし、産業全体としてみると、職人の高齢化、後継者不足などの問題による先細りは否めない、という事実がある。そんな中、いまだかつてない、まったく新しい取り組みで、和紙業界に新風を吹き込み、その発展にめざましく貢献している勇敢な女性がいる。和紙デザイナーの佐藤友佳理氏だ。

佐藤友佳理氏

彼女の活動拠点は、愛媛県西予市(せいよし)の明間(あかんま)。名水百選に選ばれた「観音水」の流れる山あいの集落である。自然に囲まれた静かな環境の中、ブレない軸と独自の手法で和紙づくりに取り組んでいる。

ファッションモデルから、和紙業界に転身したという異例の経歴の持ち主。どんな想いでこの世界に飛び込んだのか。和紙のこと、働くということ。今回は、唯一無二の美しい生き方をしなやかに貫く、佐藤友佳理氏のインタビューをお届けしたい。

「ロンドンに暮らしてみて、はじめて気づいたんですね。日本って本当に素晴らしいな、と」

「子どもの頃から絵を描くのが好きで、好きで。将来、漫画家になりたいと思っていたんです。“よし、美大に行こう!”と思ったら、絵では食べていけないからって、母親に即却下されまして。結局、食べるのがもっと難しいモデルの世界に進んだわけですが…(笑)」。

シンガポール・マンダリンホテル「築地 すし大」のために制作した巨大和紙 佐藤友佳理作

Related article

  • 渋谷に本の拠点、SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
    渋谷に本の拠点、SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
  • 希有な体験を生み出す光の空間|吉岡徳仁 ガラスの茶室-光庵
    希有な体験を生み出す光の空間|吉岡徳仁 ガラスの茶室-光庵
  • 「オランダのアート&デザイン新言語」が開催
    「オランダのアート&デザイン新言語」が開催
  • 真っ二つ牛来日「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」
    真っ二つ牛来日「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」
  • 限定10個のMoMA 2010年「アート福袋」
    限定10個のMoMA 2010年「アート福袋」
  • パリの街角vol.12『ヤズブキー with シンスケ』
    パリの街角vol.12『ヤズブキー with シンスケ』

Prev & Next

Ranking

  • 1
    誰かの隠れ家のような、小さなライフスタイルショップ
  • 2
    ポートランド発! DIYの精神から生まれたクラフトビールグラス
  • 3
    The Tastemakers & Co.が提案する 「古くてあたらしいこれからの日用品」
  • 4
    パリにみる、ファッションルックの競演(1)
  • 5
    BMWのSUV、X5とX6に「Mモデル」追加
  • 6
    新たな美味しいを発見。「GOOD NEIGHBORS' FINE FOODS」誕生
  • 7
    「LIFEPROOF」、iPhone5/5sケース「fré」「nüüd」新色を発売開始
  • 8
    「ランド オブ トゥモロー」が丸の内にオープン
  • 9
    暗闇で五感を研ぎ澄ませて感じる「ジョニーウォーカー」の世界
  • 10
    ミラノサローネ2009 現地レポート(3) トップブランド新作

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加