マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー

2014年 6月 24日 09:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

「工芸の工業化」をモットーに、1928年の創業時から機械生産と職人の手仕事の可能性を追求してきた、日本を代表する広島の老舗家具メーカー、マルニ木工。

今年4月、同社を代表する家具シリーズ「MARUNI COLLECTION」の新作を、ミラノサローネ国際家具見本市で発表。先ごろその日本でのお披露目が、東京のマルニ木工ショールームで行なわれた。ミラノサローネでは、昨年に続き2度目のフィエラ本会場での単独出展を果たし、そのコレクションが大きな注目を集めたのは記憶に新しい。

MARUNI COLLECTION 2014 at Salone del Mobile Milano/©Photography: Nacása & Partners Inc.

デザインを手がけるのは、MARUNI COLLECTIONのアートディレクターもつとめる日本を代表するデザイナーである深澤直人氏と、英国人プロダクトデザイナー、ジャスパー・モリソン氏の2人。今回は「世界のスタンダード」を目指し、世界的な家具ブランドに成長した「MARUNI COLLECTION」の、久しぶりのリビング中心の新作コレクションとなった。

深澤直人氏は、2011年にリリースされたMARUNI COLLECTIONのなかから、小ぶりでありながらゆったりとした座り心地を実現した、Roundishチェアのソファ版などを発表。ジャスパー・モリソン氏は、木とクッションのコンビネーションが美しい、1960〜70年代の北欧テイストをもった新作ソファ、Brunoを発表した。

MARUNI COLLECTION 2014 at Salone del Mobile Milano/©Photography: Nacása & Partners Inc.

Roundish ソファ(Roundish スリーシーターソファ 2014年7月1日受注開始予定)は、自由な姿勢で座るというRoundish チェアのコンセプトをさらにおしすすめた、人間の視覚から感覚に作用するような、座るという行為を誘発する美しくやわらかな曲線が印象的なソファ。そこには深澤直人氏の、座り方のそのものに対する深い洞察力と、座る人同士の関係性に対する問いかけがあることは言うまでもない。

今回展示されたRoundish ソファは、深いブルーの張り地が目をひいた。Roundish ソファ、Brunoともにファブリックには、デンマークの世界的なテキスタイルメーカー「クヴァドラ社」のファブリックが使用されていることにも注目したい。

ジャスパー・モリソン氏がデザインするBruno(Bruno スリーシーターソファ/アッシュ材 2014年7月1日受注開始予定)は、クッションとそのクッションを置く木のフレームという、極めてシンプルな構造をもったソファだ。

究極のシンプリシティーを美しく具現化したようなソファだが、その背景にはジャスパー・モリソン氏がイメージした形を具現化する、マルニ木工の高い技術力があることを忘れてはならない。Brunoソファは木がもつ質感や、上質なファブリック使いなどにより、新しい豊かさという価値もたらし、さまざまな暮らし方にフィットするソファといえるだろう。

深澤直人氏とジャスパー・モリソン氏の2人に、MARUNI COLLECTIONの新作となるRoundish ソファ、Brunoについて、そのコンセプト、開発秘話などお話をうかがった。

Related article

  • 秋のデザインイベントで活躍! 日本の若手建築家
    秋のデザインイベントで活躍! 日本の若手建築家
  • ドイツ・ケルン家具メッセ、注目のデザイナーとブランド
    ドイツ・ケルン家具メッセ、注目のデザイナーとブランド
  • 洗面ボールからひらめいた、エレクトロラックス「E-dish」
    洗面ボールからひらめいた、エレクトロラックス「E-dish」
  • アートな布で日本の暮らしも変わる?|ドイツ発最新情報
    アートな布で日本の暮らしも変わる?|ドイツ発最新情報
  • フォルムで遊び心を/インテリア・インスピレーション(2)
    フォルムで遊び心を/インテリア・インスピレーション(2)
  • 銀座三越で最旬トーキョーカルチャーを満喫「銀座三越 ディスカバートーキョー」
    銀座三越で最旬トーキョーカルチャーを満喫「銀座三越 ディスカバートーキョー」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
  • 2
    シワが気になる成熟肌のための、クリニーク新生セラムファンデーション
  • 3
    第17回東京フィルメックス(2016) 見どころは キム・ギドク監督最新作も
  • 4
    レスリー・キー初めての写真展、27日まで
  • 5
    「ホテルオークラ東京」 大人のスイートバレンタイン
  • 6
    オープニングセレモニー、渋谷から表参道へお引越し
  • 7
    今週末見るべき映画「コマンダンテ」
  • 8
    想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
  • 9
    日本屈指の職人が一堂に会した、注文しなくてもいいビスポーク展
  • 10
    第一線で活躍するフォトグラファーたちがロモで撮影

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加