”出会い”はクリエイション。「OPA!陽気な黙示録」

2014年 7月 17日 13:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

コシノ:「ジャンルを越境し、矢柳先生の絵から何かを発見したり、そこから影響されたり、ときに対立したり。かならずしもコラボレーションは仲良く一緒にやりましょう、ということではなく、お互いに気持ちをぶつけあうようなものです。まさに『かたつむり』のように渦が撒いて相関し、繋がっているような関係と言えますね。影響とはちょっと違うのかもしれません。ぶつかりあいと影響とは別のことだとおもうんです」。


「OPA!陽気な黙示録」という展覧会タイトルの意味を教えてください。またこの展覧会で伝えたいメッセージは何でしょうか。

矢柳:「日伯文化交流という事でブラジルで展覧会を開催することになりましたので、ブラジル人はラテン系特有の非常に朗らかなので、彼らの明るい民族性を象徴する、『おお!』とか、『わぁ!』とか、『!』をあらわす『OPA(オーパ)』というポルトガル語に、「黙示録」という、宗教的な意味の言葉を付与しました。これは昨今の自然破壊の問題や、我々人間が身勝手に生きて来た事に対しての、神の啓示、神からいまの地球への警告やメッセージを示唆しています。横暴に生きたらいかんよ、ということです。非常に深いテーマなのです。それをブラジルと日本で行われる今回のグローバルな意義を持つ展覧会のテーマとしました」。


コシノジュンコ氏がプロデュースされた「かたつむりアート」について教えてください。また、おふたりにとって「ブラジル」とはどのような国ですか。

コシノ:「まず『かたつむりアート』は矢柳先生が1980年に描いた『富士山』という象徴的な作品がベースになっています。かたつむりはこの作品に描かれている重要なモチーフです。この作品は1980年に描かれたと思えないほどの新しさがあります。同時に富士山は世界遺産で、日本のひとつの象徴ともいえます。一方、ブラジルはサンバなどに特徴される独特な文化があり、さらに今年のワールドカップ開催国で世界から注目され、エネルギーで満ち溢れています」。


コシノ:「元々、サンバカーニバルやニーマイヤーの建築に大変興味があったのですが、実際にサンパウロにいったらやはりアートの街だという印象を強くうけました。ニーマイヤーの丸、という建築の形状も『かたつむり』につながる。それで、かたつむりにしよう、と閃きました」。

Related article

  • 奇鋭!?のアーティスト、泉太郎の個展を見逃すべからず
    奇鋭!?のアーティスト、泉太郎の個展を見逃すべからず
  • 今週末見るべき映画「ストックホルムでワルツを」
    今週末見るべき映画「ストックホルムでワルツを」
  • 【トーク】ルネサンス三大巨匠編(2)/第一回ヘンタイ美術館
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(2)/第一回ヘンタイ美術館
  • 今年はお気に入り若手アーティストと会ってみる―佐藤翠展がヒカリエで
    今年はお気に入り若手アーティストと会ってみる―佐藤翠展がヒカリエで
  • 堂島リバービエンナーレ2011 レポート
    堂島リバービエンナーレ2011 レポート
  • 大森克己の個展「すべては初めて起こる」、29日まで
    大森克己の個展「すべては初めて起こる」、29日まで

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インテリア・キッチンなら男も主役|Guys in the Kitchen#02
  • 2
    CESで話題!プレゼンテーションに使える、超小型無線マウス
  • 3
    アランフエスの麗しき日々 【今週末見るべき映画】
  • 4
    今週末見るべき映画Part 2 「アルマジロ」
  • 5
    ビブリオファイル Cruising 7月のおすすめ
  • 6
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)
  • 7
    「アルファ ロメオ・ジュリエッタ」が日本初公開
  • 8
    目にした美しさ、そのままに。「SIGMA dp2 Quattro」
  • 9
    空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
  • 10
    他にはないパワーを秘めた、「アナ スイ」の最新フレグランス

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加