「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」、開催中

2014年 7月 19日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京国立近代美術館では、「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより」が開催中だ。世界トップクラスの現代アートコレクション展である、台湾のヤゲオ財団の現代美術コレクションの中から40作家、約74点の作品が展示されている。

「ミューズ」「崇高」「記憶」「新しい美」といったキーワードを使いながらそのテーマを10章に分けて構成する、非常にテーマ性の高い展覧会だ。

会場には、現代美術を代表する中核(ハードコア)ともいえるアーティスト、常玉(サンユウ)、フランシス・ベーコン、ザオ・ウーキー、アンディ・ウォーホル、ゲルハルト・リヒター、アンゼルム・キーファー、杉本博司、ジェフ・クーンズ、蔡國強、ロン・ミュエク、ピーター・ドイグ、マーク・クイン(以上、生年順)などの代表作がずらりとならぶ。

さらに出品作のマーケットプライスを当て、コレクターの感覚を追体験する「ゲーム」を会場で楽しむことができる。展覧会とは思えない、インタラクティブで遊び心のある仕掛けが用意されている。

作品を単に名作として鑑賞するのではなく、作品の「価値」とはなにかを考えながら見てほしい、と主催者はいう。そんな本展の代表的な出品作品から、いくつかご紹介しよう。

クインは、イギリス在住の世界的なアーティスト。ロンドンのパラリンピックの開会式に登場した巨大な妊婦の彫刻で話題を呼んだ。今回の出品作のモチーフは、スーパー・モデルのケイト・モスがヨガのポーズをとっているところ。金箔で覆われたこの作品の他、18金でできた作品、高さ3メートルにもなる作品(ブロンズ製)の計3点が出品されている。

マーク・クイン≪ミニチュアのヴィーナス≫2008年ヤゲオ財団蔵©MarcQuinn

インドの現代美術を代表するアーティスト、ティエブ・メータの作品。彼が描く作品は、彼が生きていた頃、現存するインドのアーティストでは最も高額で取引されていた。

ティエブ・メータ≪無題(リキシャに乗った女性)≫1991年ヤゲオ財団蔵©TheEstateofTyebMehta

Related article

  • 写真で見る、ヴィヴィアン・ウエストウッド
    写真で見る、ヴィヴィアン・ウエストウッド
  • 「ウィリアム エグルストン: パリ−京都」開幕
    「ウィリアム エグルストン: パリ−京都」開幕
  • smegからFIATチンクエチェント型の冷蔵庫が登場
    smegからFIATチンクエチェント型の冷蔵庫が登場
  • リコー GR DIGITAL IIがiFデザイン賞を受賞
    リコー GR DIGITAL IIがiFデザイン賞を受賞
  • センプレで「手を動かして知る」デザイン
    センプレで「手を動かして知る」デザイン
  • 光のコンペイトウ、田中千尋「ライトクチュール」展
    光のコンペイトウ、田中千尋「ライトクチュール」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 2
    ザハによる世界初の試み、ニール・バレット青山店
  • 3
    ショコラとSANSYO(山椒)のセンセーション
  • 4
    「D-BROS」が2013年カレンダーを販売開始
  • 5
    光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
  • 6
    この1冊で堪能する、「大人」のリアルなキッチンインテリア
  • 7
    ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 9
    新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
  • 10
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加