デンマークの生活の家具―ボーエ・モーエンセン生誕100周年展

2014年 7月 29日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

家具は生活の道具。そんなことを改めて思わせてくれるのが、ボーエ・モーエンセンの家具だ。1914年生まれ。今年で生誕100年を迎える。東京・新宿のアクタスでは代表作を集めたミニ・エキシビションが開催されている(~8月18日まで)。


デンマークの家具と言えば、日本ではハンス・J・ウェグナーとアルネ・ヤコブセンがあまりにも有名だが、一般的にはこの2人にモーエンセンとフィン・ユールを加えた4人が巨匠といえる。中でもモーエンセンには地味な印象を持つ人が多いかもしれない。


デンマークの家具産業の協同組合のデザインチーフを務めた彼が目指したのは、長く使える生活のための家具。特殊な技巧を必要とせず、家具職人が安定してつくれるデザイン。そして誰もが買える値段が実現できるものだ。自然、デザインは研ぎすまされ、無駄な装飾がなくなっていった。


たとえば代表作の「J39」はデンマークの国民的なダイニングチェアと言えるだろう。第二次世界大戦中にデザインされ、物資の不足する中、必要最小限の素材とデザイン、そして誰にでも買いやすい値段を実現するために生まれた。愛称は「ピープルズチェア(みんなの椅子)」。

Related article

  • 「±0」から、加湿器の新色と耐熱ガラス製マグカップ
    「±0」から、加湿器の新色と耐熱ガラス製マグカップ
  • 30日まで、フランソワーズ・ジローの日本初回顧展
    30日まで、フランソワーズ・ジローの日本初回顧展
  • パリの街角vol.13『エロトクリトス with シンスケ』
    パリの街角vol.13『エロトクリトス with シンスケ』
  • 安藤忠雄と北欧の名匠が完成させたドリームチェアとは?
    安藤忠雄と北欧の名匠が完成させたドリームチェアとは?
  • 生誕120年 ル・コルビュジエの展覧会が5/26から
    生誕120年 ル・コルビュジエの展覧会が5/26から
  • パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了

Prev & Next

Ranking

  • 1
    史上最もパワフルなCクラス
  • 2
    写真で見る、MacBook Pro Retinaディスプレイモデル
  • 3
    カッシーナのミラノ、今年のスターデザイナーはルカ・ニケット
  • 4
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 5
    村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
  • 6
    アートとデザインを横断、SPACE FOR YOUR FUTURE
  • 7
    デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
  • 8
    「もの派」菅木志雄の個展|東京都現代美術館
  • 9
    シャトー・ムートン・ロスシルド2007年ラベルが発表
  • 10
    いざというときにも心強いインテリア照明「エネループランプ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加