デンマークの生活の家具―ボーエ・モーエンセン生誕100周年展

2014年 7月 29日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

家具は生活の道具。そんなことを改めて思わせてくれるのが、ボーエ・モーエンセンの家具だ。1914年生まれ。今年で生誕100年を迎える。東京・新宿のアクタスでは代表作を集めたミニ・エキシビションが開催されている(~8月18日まで)。


デンマークの家具と言えば、日本ではハンス・J・ウェグナーとアルネ・ヤコブセンがあまりにも有名だが、一般的にはこの2人にモーエンセンとフィン・ユールを加えた4人が巨匠といえる。中でもモーエンセンには地味な印象を持つ人が多いかもしれない。


デンマークの家具産業の協同組合のデザインチーフを務めた彼が目指したのは、長く使える生活のための家具。特殊な技巧を必要とせず、家具職人が安定してつくれるデザイン。そして誰もが買える値段が実現できるものだ。自然、デザインは研ぎすまされ、無駄な装飾がなくなっていった。


たとえば代表作の「J39」はデンマークの国民的なダイニングチェアと言えるだろう。第二次世界大戦中にデザインされ、物資の不足する中、必要最小限の素材とデザイン、そして誰にでも買いやすい値段を実現するために生まれた。愛称は「ピープルズチェア(みんなの椅子)」。

Related article

  • ルネ・ブリの写真展がライカギャラリー東京で開催
    ルネ・ブリの写真展がライカギャラリー東京で開催
  • ピート・ヘイン・イーク インタビュー 前編
    ピート・ヘイン・イーク インタビュー 前編
  • 来春開催、カルティエ特別展を吉岡徳仁が監修
    来春開催、カルティエ特別展を吉岡徳仁が監修
  • 銀座にBALS TOKYO GINZAがオープン
    銀座にBALS TOKYO GINZAがオープン
  • クリエイター100人からの年賀状
    クリエイター100人からの年賀状
  • 「Tag Schedule」5色になって新登場
    「Tag Schedule」5色になって新登場

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「暮らしのブランド」最新情報が2月のドイツに集結、アンビエンテ
  • 2
    話題の賃貸ビル「the SOHO」モデルルームが公開
  • 3
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 4
    ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ 【今週末見るべき映画】
  • 5
    建築家・谷尻誠 meets オルセー美術館展2010
  • 6
    フォトギャラリー:「ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4」
  • 7
    フィンランドを代表する、サンテリ・トゥオリ日本初個展
  • 8
    東京オペラシティに「ル・パン・コティディアン」第2号店
  • 9
    ポルシェデザイン、男のための2500万円キッチン
  • 10
    フォトギャラリー:「プジョー308」発表会

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加