デンマークの生活の家具―ボーエ・モーエンセン生誕100周年展

2014年 7月 29日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

家具は生活の道具。そんなことを改めて思わせてくれるのが、ボーエ・モーエンセンの家具だ。1914年生まれ。今年で生誕100年を迎える。東京・新宿のアクタスでは代表作を集めたミニ・エキシビションが開催されている(~8月18日まで)。


デンマークの家具と言えば、日本ではハンス・J・ウェグナーとアルネ・ヤコブセンがあまりにも有名だが、一般的にはこの2人にモーエンセンとフィン・ユールを加えた4人が巨匠といえる。中でもモーエンセンには地味な印象を持つ人が多いかもしれない。


デンマークの家具産業の協同組合のデザインチーフを務めた彼が目指したのは、長く使える生活のための家具。特殊な技巧を必要とせず、家具職人が安定してつくれるデザイン。そして誰もが買える値段が実現できるものだ。自然、デザインは研ぎすまされ、無駄な装飾がなくなっていった。


たとえば代表作の「J39」はデンマークの国民的なダイニングチェアと言えるだろう。第二次世界大戦中にデザインされ、物資の不足する中、必要最小限の素材とデザイン、そして誰にでも買いやすい値段を実現するために生まれた。愛称は「ピープルズチェア(みんなの椅子)」。

Related article

  • 大人の炭酸で乾杯したい「トゥモローランド」
    大人の炭酸で乾杯したい「トゥモローランド」
  • 春、新生活に買うべきミラーは?
    春、新生活に買うべきミラーは?
  • 深澤直人×アレッシィ「柴犬」のような鍋
    深澤直人×アレッシィ「柴犬」のような鍋
  • 【告知】第一回ヘンタイ美術館「~どうかしちゃってる天才たち~」開催
    【告知】第一回ヘンタイ美術館「~どうかしちゃってる天才たち~」開催
  • 一緒に歳を重ねていけるコットンバッグ、『Teddy fish』
    一緒に歳を重ねていけるコットンバッグ、『Teddy fish』
  • Interview:気鋭の映像作家の創造の源を探る/ミシェル・ゴンドリーの世界(1)
    Interview:気鋭の映像作家の創造の源を探る/ミシェル・ゴンドリーの世界(1)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    カルト的人気を集める五木田智央、美術館展開催
  • 2
    新鮮なグラフィックデザインで「壁を装う」
  • 3
    ロールス・ロイスがブランドムービー「スピリット・オブ・エクスタシー」を公開
  • 4
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 5
    フェミニンに生まれ変わったブルガリ・ブルガリ
  • 6
    「けはいに ふれる」クリスマスディスプレイ
  • 7
    震災で進化した仙台伝統工、玉虫塗プロダクト「TOUCH CLASSIC」
  • 8
    メルセデス-AMGから新しい歴史が紡がれる。「AMG GT」デビュー
  • 9
    4月21日から5月12日までチャン・ディック「Chai Wan Fire Station」展を開催
  • 10
    フォトギャラリー:フライターグ「F76 LEO」「F77 BEN」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加