デンマークの生活の家具―ボーエ・モーエンセン生誕100周年展

2014年 7月 29日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

家具は生活の道具。そんなことを改めて思わせてくれるのが、ボーエ・モーエンセンの家具だ。1914年生まれ。今年で生誕100年を迎える。東京・新宿のアクタスでは代表作を集めたミニ・エキシビションが開催されている(~8月18日まで)。


デンマークの家具と言えば、日本ではハンス・J・ウェグナーとアルネ・ヤコブセンがあまりにも有名だが、一般的にはこの2人にモーエンセンとフィン・ユールを加えた4人が巨匠といえる。中でもモーエンセンには地味な印象を持つ人が多いかもしれない。


デンマークの家具産業の協同組合のデザインチーフを務めた彼が目指したのは、長く使える生活のための家具。特殊な技巧を必要とせず、家具職人が安定してつくれるデザイン。そして誰もが買える値段が実現できるものだ。自然、デザインは研ぎすまされ、無駄な装飾がなくなっていった。


たとえば代表作の「J39」はデンマークの国民的なダイニングチェアと言えるだろう。第二次世界大戦中にデザインされ、物資の不足する中、必要最小限の素材とデザイン、そして誰にでも買いやすい値段を実現するために生まれた。愛称は「ピープルズチェア(みんなの椅子)」。

Related article

  • Interview:ピエール・シャルパン氏・ジャパンクリエイティブ
    Interview:ピエール・シャルパン氏・ジャパンクリエイティブ
  • 美食の街シンガポールで、ヘルシーステイを
    美食の街シンガポールで、ヘルシーステイを
  • 50周年を迎えた「ソメスサドル」の新機軸
    50周年を迎えた「ソメスサドル」の新機軸
  • 名だたる大企業がロゴに選んだ「ヘルベチカ」に迫る
    名だたる大企業がロゴに選んだ「ヘルベチカ」に迫る
  • デザインから見る、新型MacBookの凄さ(1)
    デザインから見る、新型MacBookの凄さ(1)
  • 寄り添うような親しみを感じるレザー財布、『i ro se』
    寄り添うような親しみを感じるレザー財布、『i ro se』

Prev & Next

Ranking

  • 1
    食堂おさか/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(3)
  • 2
    栩翁S(クオウエス)/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(1)
  • 3
    あのクリエイターに今、ききたいこと。辰野しずかさん/プロダクトデザイナー
  • 4
    吉岡徳仁監修、カルティエ特別展「Story of・・・」レポート
  • 5
    今週末見るべき映画「セントアンナの奇跡」
  • 6
    「リストランテ ラ プリムラ」がプラチナ通りにリ・オープン
  • 7
    青山通り沿いに「Ao」がグランドオープン
  • 8
    フォトギャラリー:ダイソン「DC26」発表会
  • 9
    ジャズ名盤講座第7回「プレスティッジ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 10
    年齢は“消せる時代” ドクターブラント初上陸

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加