『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

「イメージメーカー展」、21_21 DESIGN SIGHTで開催中

2014年 8月 7日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、21_21 DESIGN SIGHT では、日仏文化交流に精通したキュレーターのエレーヌ・ケルマシュターを展覧会ディレクターに迎え、企画展「イメージメーカー展」が開催されている。

イメージとファンタジーの世界をつくりだすこと、多岐にわたるクリエイティブな分野を融合させること、そして今ここにある世界について語りながら、人々をそことは全く違った場所へ連れだすこと…。本展では、国内外で活躍する「イメージメーカー」たちによる、幻想的で斬新な仕事を紹介している。

希代の「イメージメーカー」として知られるジャン=ポール・グードは、1970年代から広告イメージのクリエーター、イラストレーター、デザイナー、そしてハイブリッドな作品や夢のつくり手として、世界を描き直し、変貌させ、魔法にかけ続けてきた。彼がつくる洗練された力強いイメージはアイコン化され、その比類のない美しさは世界中を駆け巡り、多くのクリエーターに影響を与えている。

展覧会にはグードと同じ「イメージメーカー」のスピリットを持つ、三宅 純、ロバート・ウィルソン、デヴィッド・リンチ、舘鼻則孝、フォトグラファーハルが参加。写真、ドローイング、ビデオインスタレーション、動く彫刻など、モードや演劇、デザインや映画につながる彼らの作品とその創造のプロセスは、人々に多角的な視点を与える。

会場の展示写真とともに、見所を紹介しよう。

希代のイメージメーカー、ジャン=ポール・グードの世界にメインギャラリーが変貌

グードの創作は次元を超越し、見る者を想像の世界へといざなう。本展では、プライベートな生活での出会いが色濃く反映された機械仕掛けの彫刻「見ざる」「言わざる」「聞かざる」が一番の見どころ。会場では、彼が崇拝する「3人の女神」たち―グレース・ジョーンズ、ファリーダ、カレンをモデルにした人形が、三宅 純作曲の音楽に合わせて踊る。

さらに、グードが手掛けたパリの地下鉄内のデパート広告を16台のモニターを連結して再現したビデオインスタレーションや、写真コラージュ「形態学的改良 」シリーズ、ドローイングなどを展示し、自らの世界観を大胆に表現する。

ジャン=ポール・グード

ジャン=ポール・グード

ジャン=ポール・グード

ジャン=ポール・グード

Related article

  • 東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
    東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
  • アートバーゼル42 現地レポート
    アートバーゼル42 現地レポート
  • ミラノサローネ2013<前編> 今年のポイントを聞く
    ミラノサローネ2013<前編> 今年のポイントを聞く
  • “これからの帽子”を提案。「KAMILAVKA(カミラフカ)」オープン
    “これからの帽子”を提案。「KAMILAVKA(カミラフカ)」オープン
  • ツヴィリング。世界最高峰の包丁は、ドイツと日本のハイブリッド
    ツヴィリング。世界最高峰の包丁は、ドイツと日本のハイブリッド
  • 日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)
    日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ボジョレーヌーヴォー解禁、新旬ワインと食の響宴
  • 3
    Marvelous Max Mara Tokyo 2013開催!
  • 4
    数値制御切削機を用いた木製筆記具、MACINARI(マキナリ)
  • 5
    伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
  • 6
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 7
    フランスで人気のチーズBEST6
  • 8
    マンダリン オリエンタル 香港に隠された、エクスクルーシブな空間
  • 9
    メルボルンの街並み/オーストラリアを旅する(2)
  • 10
    コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(前篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加