今週末見るべき映画「イヴ・サンローラン」

2014年 9月 5日 09:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

イヴ・サンローランが劇映画になった。すでに、本欄で紹介したドキュメンタリー映画「イヴ・サンローラン」は、2011年4月に公開されている。イヴ・サンローランの公私にわたるパートナーのピエール・ベルジェが、イヴとの日々を回想するドキュメンタリーは、ピエールの語るイヴだったが、劇映画「イヴ・サンローラン」(KADOKAWA配給)は、より劇的に、より人間味溢れるイヴの素顔とその仕事、人生が描かれていく。

フランスでは、この1月に公開されたが、「ゼロ・グラビティ」を上回る興行成績だったらしい。なによりも、超有名人であるイヴと、盟友ピエールの人物像が、フランス映画の伝統だろうか、精細に、巧緻に、過不足なく描かれている。イヴに扮したピエール・ニネが、イヴにそっくりなのに驚く。ピエール役のギョーム・カリエンヌは、自作自演で、自伝的コメディ映画「不機嫌なママにメルシィ!」を撮ったほどの才人である。ふたりとも、モリエールの伝統を引き継ぐコメディ・フランセーズに在籍、その演技力は折り紙付き。


イヴは、1957年、21歳にして、クリスチャン・ディオール急死の後に、ディオール社のチーフ・デザイナーとなる。以降、数々のコレクションをヒットさせ、女性のファッションに革命を起こした。ディオール社を経て、1961年、ピエールとともに、「イヴ・サンローラン」を設立する。イヴは、モンドリアン・ルック、スモーキング、サファリ・ルックなどなど、その手になる数々のコレクションは、世界じゅうで大ヒットする。オートクチュールに拘らず、多くの女性に、プレタポルテを提供する。


男色であることを隠さない。イヴの生まれはアルジェリアのオランである。ちょうど、アルジェリア独立をめぐっての激動期だ。故郷での男色は、犯罪者扱いである。幼少の頃、トイレに閉じこめられ、オカマとバカにされた。性格は繊細で内気。服飾デザインでは天才的であっても、実生活は、不器用、些細なことには無頓着でもある。名を上げ、成功しても、性格は変わらない。そんなイヴを、守護天使のように見守り、支えるピエールがいる。映画の魅力は、ひとえに、イヴ役のピエール・ニネと、ピエール役のギョーム・ガリエンヌの、心理描写、演技にある。

Related article

  • 羽田空港でデジタルパブリックアート「空気の港」が開催
    羽田空港でデジタルパブリックアート「空気の港」が開催
  • 横浜・象の鼻テラスにて「スペクタクル展」開催中
    横浜・象の鼻テラスにて「スペクタクル展」開催中
  • 20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展
    20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展
  • 今週末見るべき映画「最初の人間」
    今週末見るべき映画「最初の人間」
  • アート、建築、食、そして人。いま、横浜のまちが面白い!
    アート、建築、食、そして人。いま、横浜のまちが面白い!
  • 永遠のジャンゴ 【今週末見るべき映画】
    永遠のジャンゴ 【今週末見るべき映画】

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 3
    今週末見るべき映画「シリア・モナムール」
  • 4
    村上隆個展「MURAKAMI VERSAILLES」が開幕
  • 5
    東京ソラマチに「ビーアグッドネイバー コーヒーキオスク」がオープン
  • 6
    “森づくり”を支援する「TOUCH-WOOD写真展」開催!
  • 7
    トヨタの新型FRスポーツカー「86」、東京モーターショー
  • 8
    ポートランド発! DIYの精神から生まれたクラフトビールグラス
  • 9
    The Tastemakers & Co.が提案する 「古くてあたらしいこれからの日用品」
  • 10
    パリにみる、ファッションルックの競演(1)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加