DIESELがヴァンサン・フルニエ展を開催

2014年 9月 29日 09:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

「KINFOLK」展が大盛況であったDIESEL ART GALLERYで、またまた興味深いアート展を開催している。宇宙、ロボット、科学やテクノロジーをテーマに活動する写真家ヴァンサン・フルニエの個展「ARCHEOLOGY OF THE FUTURE-未来の考古学」だ。

ロシアの宇宙服「SOKOL KV2」とソユーズロケットの座席「KAZBEK」

写真家であり映像作家でもあるヴァンサン・フルニエは、MASTファウンデーション(イタリア)、LVMH ルイ・ヴィトン・ファウンデーション(フランス)など世界各地の美術館に作品が収蔵されているほか、映画「アメイジング・スパイダーマン2」の劇中に作品が登場するなど、現在最も注目を集めるアーティストの一人。

本展では、代表作「SPACE PROJECT(スペース・プロジェクト)」のほか、映像作品「THE MAN MACHINE(機械人間)」、国内初披露となる「POST NATURAL HISTORY(続・自然史)」など、30点以上の作品を展示している。

2007年に始まった「SPACE PROJECT」は、スターシティ宇宙飛行士訓練センターやカザフスタンのバイコヌール宇宙基地など、宇宙開発をテーマにした場面を様々な形で演出したシリーズ。科学技術においても夢のある分野がフルニエの興味の対象であるというだけあり、人類共通の夢と彼自身の憧れが見事に表現された作品ばかりだ。「SPACE PROJECT」の写真には、当時の未来へのノスタルジーの記憶をよみがえらせる歴史を盛り込んでいることも注視すべき点と言える。

ロシアの宇宙服用手袋

国際宇宙ステーションの水中実験施設「ハイドロラボ」

Related article

  • 『KINFOLK』世界初の写真展を日本で開催
    『KINFOLK』世界初の写真展を日本で開催
  • 創作の現場を見つめる写真家の眼。久家靖秀「Atelier」
    創作の現場を見つめる写真家の眼。久家靖秀「Atelier」
  • 池田晶紀+ワタナベアニ+常盤響「さんにんのパリ」写真展
    池田晶紀+ワタナベアニ+常盤響「さんにんのパリ」写真展
  • アクセサリー、写真、食でインドを楽しむ展覧会
    アクセサリー、写真、食でインドを楽しむ展覧会
  • 今週末見るべき映画「レンブラントの夜警」
    今週末見るべき映画「レンブラントの夜警」
  • パリの街角vol.4『アリーグル。カトリーヌ・レヴィ with シンスケ』
    パリの街角vol.4『アリーグル。カトリーヌ・レヴィ with シンスケ』

Prev & Next

Ranking

  • 1
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 2
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 3
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 4
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 5
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 6
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 7
    iPad、販売台数200万台を突破
  • 8
    レイバンの名作が、ミッドセンチュリー色にパワーアップ
  • 9
    アルフレッド ダンヒル 銀座本店がオープン
  • 10
    アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネが日本国内に

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加