あの“ティム・バートン”の展覧会が日本初上陸!

2014年 9月 30日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

シネコンより単館系の映画が好き。それと同じなのか、自身は森美術館より森アーツセンターギャラリーのイベントにいつも魅かれてしまう。その森アーツセンターギャラリーで11月1日から「ティム・バートンの世界」展が開催。これは絶対に見逃せない。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』ストーリーボード 1993

『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』など独特の世界観で知られる映画監督、ティム・バートン。本展では、可愛らしさと不気味さ、毒気と温かさが同居するバートン監督の世界を、スケッチ、デッサン、写真作品、オブジェ、手紙、10代の頃に撮影した日本未公開映像作品など、約500点から紐解いていく。

そもそも、自身とティム・バートンの出会いは15年ほど前。『バッドマン』でも『シザーハンズ』でもなく、C級映画以下と酷評された『マーズ・アタック』であった。この映画、火星人来襲におおわらわする地球人たちをコミカルに描いたSFコメディなのだが、とことんブラックでシュール。遊び心がエスカレートして、完全に悪ふざけしているとしか思えない作品だ。とはいえ、『マーズ・アタック』ほど、奇才の頭の中を如実に表現した作品もないのではないかと思う。個人的には大好きな映画の一本である。

無題(『シザーハンズ』) 1990年

Related article

  • 今週末見るべき映画「世界一美しい本を作る男―シュタイデルとの旅―」
    今週末見るべき映画「世界一美しい本を作る男―シュタイデルとの旅―」
  • 60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(2)
    60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(2)
  • 19世紀パリ もっとも美しい時代、ロートレック回顧展
    19世紀パリ もっとも美しい時代、ロートレック回顧展
  • シャトー・ムートン・ロスシルド2007年ラベルが発表
    シャトー・ムートン・ロスシルド2007年ラベルが発表
  • フィンランドを代表する、サンテリ・トゥオリ日本初個展
    フィンランドを代表する、サンテリ・トゥオリ日本初個展
  • 今週末見るべき映画「リアリティのダンス」
    今週末見るべき映画「リアリティのダンス」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 3
    ポートランド発! DIYの精神から生まれたクラフトビールグラス
  • 4
    The Tastemakers & Co.が提案する 「古くてあたらしいこれからの日用品」
  • 5
    パリにみる、ファッションルックの競演(1)
  • 6
    革新的なデザインフェア「Design Miami」
  • 7
    華麗なる「TOYOTA 2000GT」ボンドカー
  • 8
    垂涎のアンティーク・コレクションが見られる着物展
  • 9
    新たな美味しいを発見。「GOOD NEIGHBORS' FINE FOODS」誕生
  • 10
    「LIFEPROOF」、iPhone5/5sケース「fré」「nüüd」新色を発売開始

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加