あの“ティム・バートン”の展覧会が日本初上陸!

2014年 9月 30日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

シネコンより単館系の映画が好き。それと同じなのか、自身は森美術館より森アーツセンターギャラリーのイベントにいつも魅かれてしまう。その森アーツセンターギャラリーで11月1日から「ティム・バートンの世界」展が開催。これは絶対に見逃せない。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』ストーリーボード 1993

『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』など独特の世界観で知られる映画監督、ティム・バートン。本展では、可愛らしさと不気味さ、毒気と温かさが同居するバートン監督の世界を、スケッチ、デッサン、写真作品、オブジェ、手紙、10代の頃に撮影した日本未公開映像作品など、約500点から紐解いていく。

そもそも、自身とティム・バートンの出会いは15年ほど前。『バッドマン』でも『シザーハンズ』でもなく、C級映画以下と酷評された『マーズ・アタック』であった。この映画、火星人来襲におおわらわする地球人たちをコミカルに描いたSFコメディなのだが、とことんブラックでシュール。遊び心がエスカレートして、完全に悪ふざけしているとしか思えない作品だ。とはいえ、『マーズ・アタック』ほど、奇才の頭の中を如実に表現した作品もないのではないかと思う。個人的には大好きな映画の一本である。

無題(『シザーハンズ』) 1990年

Related article

  • いま世界が注目するアーティスト、名和晃平「L_B_S」展
    いま世界が注目するアーティスト、名和晃平「L_B_S」展
  • フォトギャラリー:ロレックスのアート・プログラム、ロンドンレポート
    フォトギャラリー:ロレックスのアート・プログラム、ロンドンレポート
  • 『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
    『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
  • モレスキンから、メモをデジタルデータにクラウドするノートが登場
    モレスキンから、メモをデジタルデータにクラウドするノートが登場
  • 印象派革命の引き金を引いた、エドゥアール・マネ
    印象派革命の引き金を引いた、エドゥアール・マネ
  • ダ・ヴィンチからダミアン・ハースト「医学と芸術展」
    ダ・ヴィンチからダミアン・ハースト「医学と芸術展」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    25日まで川上元美展、日本の巨匠を知る
  • 2
    東大に安藤忠雄×柳舘功「UTカフェ ベルトレルージュ」
  • 3
    今週末見るべき映画「インビクタス/負けざる者たち」
  • 4
    Works/デザイン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(2)
  • 5
    青山スパイラルの中に巨大な“巣”が出現?NUMEN / For USEの企み
  • 6
    エレガントでラグジュアリー、ヨウジヤマモトのニューブランド
  • 7
    ライカ D-LUX 4に限定1000台のチタンモデル
  • 8
    篠山紀信展 写真力  THE PEOPLE by KISHIN
  • 9
    キレイをあきらめない、ニキビ対策の新スキンケアブランド
  • 10
    ウィンザーチェアの魅力を再考する展覧会

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加