あの“ティム・バートン”の展覧会が日本初上陸!

2014年 9月 30日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

シネコンより単館系の映画が好き。それと同じなのか、自身は森美術館より森アーツセンターギャラリーのイベントにいつも魅かれてしまう。その森アーツセンターギャラリーで11月1日から「ティム・バートンの世界」展が開催。これは絶対に見逃せない。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』ストーリーボード 1993

『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』など独特の世界観で知られる映画監督、ティム・バートン。本展では、可愛らしさと不気味さ、毒気と温かさが同居するバートン監督の世界を、スケッチ、デッサン、写真作品、オブジェ、手紙、10代の頃に撮影した日本未公開映像作品など、約500点から紐解いていく。

そもそも、自身とティム・バートンの出会いは15年ほど前。『バッドマン』でも『シザーハンズ』でもなく、C級映画以下と酷評された『マーズ・アタック』であった。この映画、火星人来襲におおわらわする地球人たちをコミカルに描いたSFコメディなのだが、とことんブラックでシュール。遊び心がエスカレートして、完全に悪ふざけしているとしか思えない作品だ。とはいえ、『マーズ・アタック』ほど、奇才の頭の中を如実に表現した作品もないのではないかと思う。個人的には大好きな映画の一本である。

無題(『シザーハンズ』) 1990年

Related article

  • 永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
  • 夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち 展
    夢の饗宴 歴史を彩るメニュー×現代のアーティストたち 展
  • ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)
    ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)
  • アマゾンが前途有望な商品を集めた「Amazon Exclusives」を開始
    アマゾンが前途有望な商品を集めた「Amazon Exclusives」を開始
  • 必見の「ウィリアム・エグルストン:パリ—京都」
    必見の「ウィリアム・エグルストン:パリ—京都」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    2018年9月22日(土)~23日(日)『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』開催
  • 2
    本格派デザイン家電、ミーレから続々と
  • 3
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「セカンド・ネイチャー」展
  • 4
    奇妙な卓球台で遊ぼう|ガブリエル・オロスコ展
  • 5
    気分はヨーロッパのキッチン? 日立の新しい大型冷蔵庫
  • 6
    正しい森づくりを more treesの取り組み(2)
  • 7
    ダイヤモンドの鍵盤でジャズを。ピアジェの新作
  • 8
    カスタマイズする醍醐味。BMW Motorrad「R nineT」
  • 9
    奇鋭!?のアーティスト、泉太郎の個展を見逃すべからず
  • 10
    ジャズ名盤講座第3回「ブルーノートPart3(4100~4423番)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加