「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」展、MOTで開催

2014年 10月 9日 09:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

待望のアート展「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」が、東京都現代美術館(東京・清澄白河)で9月27日から開催されている。さっそく行ってきたので、見どころや展覧会の様子をお伝えしたい。


本展覧会は、ビヨークのミュージックビデオや、映画『エターナル・サンシャイン』で知られる気鋭の映画監督ミシェル・ゴンドリーの大回顧展。作品を観るだけでなく、ゴンドリー監督のような映画を作って楽しめるのが最大の特長だ。

Photo: Bernard Bisson/ JDD / SIPA, 2011, Paris, Courtesy: Home Movie Factory Association

企画展示室正面のエスカレータで3階へ向かうと、「昭和か!」とツッコミを入れたくなるような、レトロでユニークな“ゴンドリーワールド”がお出迎えしてくれる。今どきレンタルビデオ? 何でガチャガチャ? その答えを学芸員の小高日香理氏が教えてくれた。


「このビデオショップは、ゴンドリー監督の映画『僕らのミライへ逆回転』という作品をイメージした展示です。この映画はコメディなんですが、ある日レンタルビデオ店の店員とその幼なじみが、ひょんなことから店のビデオを全部消しちゃうんですね。慌てた二人はホームビデオで勝手にハリウッド映画のリメイクを製作してしまうという話なんですが、本展の『ホームムービー・ファクトリー』もこの映画から着想を得たものなんです」。

Related article

  • アートと食を巡る小豆島/アート編
    アートと食を巡る小豆島/アート編
  • 永遠に循環する生命のエネルギー、森万里子インタビュー
    永遠に循環する生命のエネルギー、森万里子インタビュー
  • 高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力
  • 寝かせ玄米「結わえる」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(4)
    寝かせ玄米「結わえる」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(4)
  • 銀塩写真のゆるぎない魅力「GELATIN SILVER SESSION」
    銀塩写真のゆるぎない魅力「GELATIN SILVER SESSION」
  • ルネ・ブリの写真展がライカギャラリー東京で開催
    ルネ・ブリの写真展がライカギャラリー東京で開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    モダンデザインの粋を見る「バウハウス・デッサウ展」
  • 2
    チッテリオ健在、ミラノサローネの華 B&B ITALIA
  • 3
    東京デザイナーズウィークが生まれ変わる!
  • 4
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 5
    フライターグの次世代型リュック「F48 HAZZARD」
  • 6
    ランボルギーニ「アヴェンタドール J」を世界初公開
  • 7
    里山十帖(新潟・大沢山温泉)/日本を巡る、アートな旅(3)
  • 8
    フェラーリのスペシャルモデル「フェラーリ599XX」
  • 9
    健康管理をしてくれるベッドシート、「LUNA」
  • 10
    ミラノサローネ2015|Vol.1 代表ブランドの展示を直球レポート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加