今週末見るべき映画「ニンフォマニアック Vol.1、 Vol.2」

2014年 10月 10日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

つねに挑発的、挑戦的な作風の映画作家は多い。デンマークのラース・フォン・トリアー監督もそのひとりだろう。人間のこころのうちを、抉るように見せてくれた「ドッグヴィル」や「マンダレイ」が好きな映画だが、その後、「アンチクライスト」、「メランコリア」を撮る。ラース・フォン・トリアーの映画は、常に、人間の暴力や性的な欲望など、人間の本性が見え隠れする。

新作の「ニンフォマニアック」(ブロードメディア・スタジオ配給)もまた、性を通して人間の内奥に迫る。本作は、Vol.1とVol.2の2部に分かれ、公開はVol.1が10月11日(土)、Vol.2が11月1日(土)になる。試写ではいちどに、続けて見たが、それぞれが独立した映画として見ても、いっこうに構わない。Vol.1もVol.2も、ちゃんと見せ場がたっぷり。プロローグとエピローグをはさんで、全部で8つの章からなる。Vol.1では、プロローグと5つの章を、Vol.2では、3つの章とエピローグを見せる。


タイトル通りの「色情狂」を、ごひいきの女優、シャルロット・ゲンズブールが演じる。性をめぐる映画は、数多いが、これほど余裕たっぷりに、女性の性を描いた映画は珍しい。もちろん、リアルな性描写が多いが、いわゆる猥褻(わいせつ)な感じはまったくと言っていいほど、ない。つまり、見ていても、性的興奮を覚えない。シャルロット・ゲンズブール演じる中年の女性ジョーは、問わず語りに、幼い頃からの自らの性の遍歴を、ステラン・スカルスガルド演じる初老の男性セリグマンに語り始める。15歳の処女喪失から、性の依存症とも言える数々の遍歴を。

結構は、いろんなパターンの映画である。性のめざめから処女喪失の青春ドラマであり、ロマンス、コメディ、ファンタジーと、さまざまな手口で、8つの章を繋いでいく。ジョーの語る性遍歴に、セリグマンが該博な知識で応じる。笑えるシーンも多い。「釣魚大全」から引用されるセリフは、釣りの本質が、異性を手中にする喩えとなる。

そのほか、哲学、宗教、政治、数学、音楽、心理学などに関するセリグマンの知識が披露される。フィボナッチ数列は、1、1、2、3、5、8、13、21、34…と続く。ジョーが処女を喪失した折り、前から3回、後ろから5回、挿入される。映画を構成する章もまた、この5と3の数字である。フィボナッチ数列と関連するバッハの対比法、東方教会と西方教会、エドガー・アラン・ポーの「アッシャー家の惨劇」、ノアの子孫の話などなど、セリグマンは、多くの引用で、ジョーの話に聞き入る。もう、セリグマンの博識に感心したり、ニヤリとしたり、だ。

Related article

  • 「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」展、MOTで開催
    「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」展、MOTで開催
  • 建築家、ボジェック・シーペックを知る
    建築家、ボジェック・シーペックを知る
  • ジャン=ポール・エヴァンの「真夏の夜の夢」
    ジャン=ポール・エヴァンの「真夏の夜の夢」
  • 14日間おなか集中ケア フラットベリー・リポ
    14日間おなか集中ケア フラットベリー・リポ
  • ニーシング、コンテンポラリージュエリーの新しいスタンダード
    ニーシング、コンテンポラリージュエリーの新しいスタンダード
  • iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信
    iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信

Prev & Next

Ranking

  • 1
    生の一瞬のきらめきを切り取るベッティナ・ランス
  • 2
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 3
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」
  • 4
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 5
    iMacとMac miniがアップデート、69,800円から
  • 6
    近未来都市「マカオ」、その建築
  • 7
    ボルボ「V70 2.5T R-DESIGN」発売開始
  • 8
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 9
    ラグジュアリーな「三角コーン」って?
  • 10
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加