【告知】第三回ヘンタイ美術館は、「理想と現実、どちらがヘンタイか」

2014年 10月 22日 09:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

美術評論、山田五郎館長が率いる「ヘンタイ美術館」は、西洋美術をもっと身近にわかりやすく学べるユニークなプロジェクト。山田館長が、美術シロウトの“学芸員見習い”こやま淳子を相手に、西洋美術を「ヘンタイ」視点で解説する。

難しい印象のある西洋美術も、山田館長が語ればするっと頭に入る。誰もが知っている有名なアーティストの絵画も、教科書でみたことのあるあの名画も、人間味あふれるアーティストたちの「ヘンタイ」なこだわりがびっしり。記憶にある程度だった絵が、裏側のストーリーを知るだけでとたんに身近に感じてくる、まさに魔法のような時間を体験できるはずだ。

第三回目の開催となるヘンタイ美術館のテーマは、『理想と現実、どちらがヘンタイか』。斬新な表現で西洋美術を大きく変えた「印象派」。その印象派の誕生に先駆け、19世紀前半には、その後の西洋美術の大きな改革に繋がる動きがすでに生まれていた。それが今回のテーマとなる「新古典主義」「ロマン主義」「写実主義」の各時代だ。


そんな変革の時代に活躍した、アングル、ドラクロワ、クールベ。今回は彼らが追求した、『理想』と『現実』に焦点を当て、画家が描くべきは理想なのか現実なのか、そして誰がよりヘンタイだったのかを追求する。今回も山田館長のヘンタイ分析が見逃せない。

<プロフィール>
山田五郎/編集者・評論家
東京都生まれ。上智大学文学部在学中にオーストリア・ザルツブルク大学に1年間遊学し西洋美術史を学ぶ。卒業後、(株)講談社に入社『Hot-DogPRESS』編集長等を経てフリーに。幅広い分野で講演、執筆活動を行う。『知識ゼロからの西洋絵画入門』(幻冬舎)など著書多数。また『PON!』(NTV系)、『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)をはじめ、ラジオ、雑誌等でも活躍中。

こやま淳子/コピーライター・クリエイティブディレクター
京都生まれ。1995年 早稲田大学商学部卒業後博報堂などを経て独立。広告コピーを中心にさまざまなコミュニケーションのコトバをつくる仕事に従事する。最近の仕事に、ワコールAMPHI「FUL FRU(フルフル)」、世界文化社「GOLD」創刊コピー、星野リゾート、プラン・ジャパンなど。著書に「しあわせまでの深呼吸」「choo choo日和」シリーズ。東京コピーライターズクラブ(TCC)会員。

「ヘンタイ美術館~美術の歴史は、ヘンタイの歴史である~」第三回トークイベント概要
テーマ :『理想と現実、どちらがヘンタイか』
開催日 :12月4日(木)
時間  :19:30~21:00 ※開場19:00
会場  :エキサイト株式会社内カフェスペース
    (東京都港区南麻布3-20-1 麻布グリーンテラス4階)
入場料 :2,000円(※当日現地にて)
定員  :100名(※抽選)
主催  :エキサイト・イズム
企画  :有限会社キャビノチェ+こやま淳子事務所+AI KOWADA GALLERY+株式会社博報堂VoiceVision
協力  :デイリーフレッシュ株式会社

参加のお申し込み
<参加お申し込みフォーム>
※アンケートにご回答の上、ご応募お願い致します。
※当選された方には、イズム編集部からメールをもってご連絡させていただきます。
※募集期間:10月22日(水)12:00~11月16日(日)23:59まで

ヘンタイ美術館の関連記事はこちら
ヘンタイ美術館 公式Facebookページ

お問い合わせ:イズム編集部

Related article

  • ギャラリー小柳で「須田悦弘展」が開幕
    ギャラリー小柳で「須田悦弘展」が開幕
  • 世界で注目されるクリエイター集団、ライゾマティクスの展覧会「ライゾマティクス inspired by Perfume」開催
    世界で注目されるクリエイター集団、ライゾマティクスの展覧会「ライゾマティクス inspired by Perfume」開催
  • インタビュー:アジア初の個展、フリードリッヒ・クナス
    インタビュー:アジア初の個展、フリードリッヒ・クナス
  • オランダ発、未来のライフスタイル「プローブプロジェクト」
    オランダ発、未来のライフスタイル「プローブプロジェクト」
  • 国内トップギャラリーが集う「G-tokyo2011」の見どころ
    国内トップギャラリーが集う「G-tokyo2011」の見どころ
  • 今週末見るべき映画「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」
    今週末見るべき映画「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ランボルギーニが「アヴェンタドールLP700-4 ロードスター」を発表
  • 2
    世界に先駆け「セイコー ブライツ アナンタ」国内先行発売
  • 3
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 4
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「Stellar」 in ロンドン
  • 5
    コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(前篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview
  • 6
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 7
    フォトギャラリー:第6世代目「新型ゴルフ」
  • 8
    フォトギャラリー:Lexus L-finesse - crystallised wind
  • 9
    オーキッド(蘭)が香る、LOVEが重なり合う - カルティエ2011新作ジュエリー
  • 10
    驚きと思索の異空間へ、シャネル モバイルアート開幕

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加