東京都庭園美術館が3年ぶりにリニューアルオープン

2014年 11月 26日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月22日、港区白金台の東京都庭園美術館がリニューアルオープンを迎える。3年という長期休館を経て、建物はどう生まれ変わり、美術館としてどのような進化を遂げようとしているのか。建物の歴史と合わせて、リニューアル後初の展示「アーキテクツ/1933/Shirokane アール・デコ建築をみる」を紹介する。

東京都庭園美術館 本館

東京都庭園美術館は、旧朝香宮家の邸宅を美術館として開館した、日本で現存する代表的なアール・デコ建築。アール・デコとは、1910年半ばから1930年代にかけて時代を席巻した装飾の傾向。華美に装飾されたアール・ヌーヴォーからの流れを汲みながらも、幾何学模様をモチーフにした表現やシンメトリーに代表されるデザインが特徴だ。旧朝香宮邸は、その当時の面影を現在にも残す貴重な建物として東京都指定有形文化財に指定されている。

《正面外観》(松井写真館/1933年頃)

時をさかのぼること1925年。フランスに滞在していた朝香宮夫妻は、パリで開かれた「現代装飾美術・産業美術国際博覧会」、通称「アール・デコ博」で装飾芸術にふれ、大いに感銘を受けたという。夫妻は1925年に帰国後すぐにフランス人デザイナー、アンリ・ラパンを起用し邸宅を建設。客人を迎える正面玄関には、ガラス工芸家のルネ・ラリックによるガラスレリーフ扉があしらわれ、中央階段の大理石レリーフには、彫刻家・画家であるイヴァン=レオン・ブランショの《戯れる子供たち》が施された。このようにそうそうたる芸術作品が、展示ケースの中に収められているのではなく、建物および内装の一部を形成し、格式高い美しさを空間に与えている点はぜひ注目だ。

本館 大客室

Related article

  • 世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭
    世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭
  • 「求む、次のケイタイ」FUJITSUモバイルフォンデザインアワード
    「求む、次のケイタイ」FUJITSUモバイルフォンデザインアワード
  • ノート感覚で持ち歩ける次世代モバイルバッテリー
    ノート感覚で持ち歩ける次世代モバイルバッテリー
  • パス・ザ・バトンで、商品の裏側を知る―「NEWSED」のショップが限定オープン
    パス・ザ・バトンで、商品の裏側を知る―「NEWSED」のショップが限定オープン
  • 科学者とアーティストの新たな探求。「写真とサイエンス−視野を拡張するビジュアル表現−」
    科学者とアーティストの新たな探求。「写真とサイエンス−視野を拡張するビジュアル表現−」
  • 汗を流し、山道を分け入る作品体験:瀬戸内国際芸術祭
    汗を流し、山道を分け入る作品体験:瀬戸内国際芸術祭

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本橋三越本店でこの秋を彩る
  • 2
    時計の祭典「第20回 三越ワールドウオッチフェア~時の継承~」が開催
  • 3
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 4
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 5
    少女ファニーと運命の旅 【今週末見るべき映画】
  • 6
    エクアドル発「Tree to bar」から生まれるチョコレート、「パカリ」
  • 7
    現代骨董 直球勝負。「古道具その行き先 −坂田和實の40年−」
  • 8
    「ジャガーXJ」が約7年ぶりにフルモデルチェンジ
  • 9
    いったいどれが自分? 「“これも自分と認めざるをえない”展」
  • 10
    現代中国を代表する「アイ・ウェイウェイ展—何に因って?」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加