キューブリック 名作7枚+特典映像2枚組が限定発売

2014年 11月 27日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画史にその名前を深く刻む名監督「スタンリー・キューブリック」。独特の構図と陰影の濃い映像、脳裏に刻まれる音楽で、観たものの心をつかんで離さない傑作を数多く生み出した鬼才だ。キューブリックは監督としてだけでなく、脚本、編集、選曲いずれもエッジの効いたセンスに溢れ、SF、史劇、戦争映画と各ジャンルで名作を残している。そんなキューブリックの代表作がセットになったマスターピース・コレクションが12月3日に発売される。ファンならずとも手に入れて損なしの限定版。キューブリックの魅力が詰まった収録作品7本を以下に紹介する。


『ロリータ』(本編154分)
ウラジーミル・ナボコフの小説『ロリータ』を映画化した1962年公開のモノクロ作品。ハートのサングラスに、ロリポップを口にあてた少女のジャケット写真は、世間に“ロリータ”のイメージを定着させた印象的な一枚。時代を経た現代でも、ロリータのあどけなさと妖艶な魅力に引き込まれる一本だ。

『2001年 宇宙の旅』(本編148分+特典映像216分)
「SF映画の金字塔」として、今なお高い評価を得る不朽の名作。1968年の初公開から40年以上経った今も、古さを感じさせない近未来映画として知られる。全篇にわたりクラシック音楽が多用され、特に冒頭部分で使用された《ツァラトゥストラはかく語りき》は、その後の映画史に残る名曲として知られる。

『時計じかけのオレンジ』(本編137分+特典映像109分)
アンソニー・バージェスの同名小説を映画化。過激な性描写、凄惨な暴力シーンで社会へ問題を投げかける衝撃作。イギリスでは2000年まで作品上映が禁止されていたほど社会現象を巻き起こした。狂気に満ちた主人公・アレックスを演じたマルコム・マクダウェルの熱演も見逃せない。


『バリーリンドン』(本編185分)
名もないアイルランド青年が、英国貴族の仲間入りを果たそうとする様を卓越した撮影技術で描き出す佳作。18世紀当時の絵画を参考にし、美術や衣装など細部に至るまで当時のイギリスを忠実に再現したと作品として名高い。アカデミー賞撮影賞、歌曲賞、美術賞、衣装デザイン賞を受賞。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ボヴァリー夫人とパン屋」
    今週末見るべき映画「ボヴァリー夫人とパン屋」
  • 一見の価値あり!「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」
    一見の価値あり!「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」
  • 村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
    村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
  • 「ルーヴル美術館展」限定、ピエール・エルメ・パリのスイーツ
    「ルーヴル美術館展」限定、ピエール・エルメ・パリのスイーツ
  • パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち【今週末見るべき映画】
    パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち【今週末見るべき映画】
  • コンペティション9作品の授賞式-第13回東京フィルメックス 
    コンペティション9作品の授賞式-第13回東京フィルメックス 

Prev & Next

Ranking

  • 1
    春、新生活に買うべきミラーは?
  • 2
    いま観るべき芝居『わが星』|劇団ままごと劇作家・柴幸男インタビュー
  • 3
    フォトギャラリー:Art Baselにカルティエ「ビートたけし/北野武」展?
  • 4
    開幕直前!オルセー美術館展2010「舞台裏レポート」
  • 5
    極限のクライマックスへ「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
  • 6
    iida第2弾発表、ロボットのコンセプトモデルも
  • 7
    IFFTインテリアライフスタイルリビング、11月2日から
  • 8
    デザイン文具の「ACME」が表参道ヒルズに
  • 9
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(2)/第一回ヘンタイ美術館
  • 10
    20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加