今週末見るべき映画「白夜のタンゴ」

2014年 11月 21日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

SPレコードに針が乗る。アルゼンチン・タンゴの名曲「ラ・クンパルシータ」だ。タンゴは、もともと、アルゼンチンのブエノスアイレスが発祥の地と聞いている。ところが、世界的に有名なフィンランドの映画監督アキ・カウリスマキが異説を唱える。タンゴはもともと、フィンランドの音楽で、1840年代に船乗りたちがウルグァイ、アルゼンチンに伝えたものだ、と。

かつて、「マッチ工場の少女」という映画で、フィンランド・タンゴの大歌手レイヨ・タイパレの「サトゥマー」(おとぎ話)を挿入し、近作の「ル・アーヴルの靴みがき」(イズムでも紹介)では、アルゼンチン・タンゴの大歌手、カルロス・ガルデルの「クエスタ・アバホ」(下り坂)を取り入れたカウリスマキである。その発言は、妙に説得力がある。

これを伝え聞いたブエノスアイレスのバンドネオン奏者、ギター奏者、歌手の3人の男が、カウリスマキの説を確かめるためにフィンランドを旅する。いずれも、タンゴはアルゼンチンのものと信じてやまない連中である。


ドイツ、アルゼンチン、フィンランド合作の映画「白夜のタンゴ」(トレノバ配給)は、この3人組のフィンランドへの旅を描いた、ドキュメンタリーと劇映画が合体したような音楽映画だ。タンゴ、ことにアルゼンチン・タンゴのお好きな向きには、放っておけない映画だろう。

何度か、アルゼンチン・タンゴの出てくる映画をレビューするたびに書いているが、とにかく、アルゼンチン・タンゴが好きである。家にいる日は、アルゼンチン・タンゴを聴かない日はない。アニバル・トロイロ。オスヴァルド・プグリエーセ。カルロス・ディ・サルリ…。歌もいいなあ、ほとんど、カルロス・ガルデルだが。コンフント(小編成)では、五重奏のキンテート・レアル。六重奏ならセステート・タンゴ。もちろん、アストル・ピアソラの初期のモダンさもいい。そんな具合に、まるでとりとめのない聴きようである。

さて、本作。映画の設定自体が、タンゴ好きには堪らない。ヤン・シベリウスを生んだ国である。豊穣な音楽があるはずである。タンゴは、1880年頃、ブエノスアイレスの港町、ラ・ボカ界隈で誕生、船乗りやヤクザ、娼婦たちが育んだ場末の音楽のはずである。カウリスマキの説を信じるなら、ひょっとして、フィンランドにも、似たような音楽が、アルゼンチンよりも先に出来あがっていたのかも知れない。

Related article

  • 閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • フォトギャラリー:イッタラ銀座 オープン
    フォトギャラリー:イッタラ銀座 オープン
  • 造形として佇む建築、銀座メゾンエルメスの展覧会
    造形として佇む建築、銀座メゾンエルメスの展覧会
  • 人生タクシー 【今週末見るべき映画】
    人生タクシー 【今週末見るべき映画】
  • 森美術館で、視覚・聴覚・触覚のめくるめく体験
    森美術館で、視覚・聴覚・触覚のめくるめく体験
  • 音と時間が奏でる現象のサウンドスケープ、八木良太展
    音と時間が奏でる現象のサウンドスケープ、八木良太展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    婚約者の友人 【今週末見るべき映画】
  • 2
    必見のスペイン大使館「I’m in love」レポート
  • 3
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!
  • 4
    フォトギャラリー:「THE DWELLING LAB」
  • 5
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 6
    参加型企画:あなたが記者に?ロボットデザイナー松井龍哉氏からメッセージ
  • 7
    デザイン雑貨なら「テンデンス」 8月にドイツで開催
  • 8
    シールでオリジナルの九谷焼をつくるワークショップ
  • 9
    ミナ ペルホネン15周年記念展のテーマは「進行中」
  • 10
    日本初、「ボビイ ブラウン」直営店が青山にオープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加