今週末見るべき映画「ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー」

2014年 12月 4日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

感動のミュージカルである。リー・ホールの手になる脚本がいい。ピーター・ダーリングの振付がいい。エルトン・ジョンの音楽がいい。俳優たちは、演技、歌、踊りのいずれも達者そろい。2005年5月、ロンドンのウエストエンドにあるヴィクトリア・パレス劇場での初演以来、大ヒットを続けている。もとは、スティーブン・ダルドリー監督の映画「リトル・ダンサー」である。それをスティーブン・ダルドリー自身が演出したロンドンでの舞台を、そのまま映画館で見ることができるのが「ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー」(東宝東和配給)だ。映画は、2014年9月28日に上演された舞台を世界にライブ発信したものである。


この日は、世界への発信に合わせた特別のフィナーレが用意されていた。なんと、主役のビリー・エリオットを演じてきた人たちが20数名、相次いで登場する。初演のトリプルキャストだったジェームズ・ロマス、ジョージ・マクガイア、リアム・ムーアも参加するといった豪華な舞台である。


1984年、ストライキの続く炭坑町。貧しい炭坑夫一家の次男ビリーは、父の願いでボクシングを習っているが、なかなか上達しない。ビリーは、ボクシングよりもバレエに興味を持つ。父は猛反対するが、ビリーは家族に内緒で、バレエのレッスンに励む。ビリーの才能を見抜いたバレエ教師のミセス・ウィルキンソンは、ビリーに、ロイヤル・バレエ学校に入るためのオーディションを勧めることになる。

Related article

  • 今週末見るべき映画「レッドクリフ PartI」
    今週末見るべき映画「レッドクリフ PartI」
  • ムービー:恵比寿映像祭が開幕、アート×映像の10日間
    ムービー:恵比寿映像祭が開幕、アート×映像の10日間
  • "アラーキー"のこれまでとこれから「往生写集―東ノ空・PARADISE」開催
  • 今週末見るべき映画「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」
    今週末見るべき映画「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」
  • 銀座の真ん中に「銀座どうぶつ園 ほぼ原寸大 写真展」
    銀座の真ん中に「銀座どうぶつ園 ほぼ原寸大 写真展」
  • ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【後編】
  • 2
    デザイン? アート?「鏡の髪型 清水久和」展
  • 3
    今週末見るべき映画「花の生涯 梅蘭芳」
  • 4
    伝統技巧とデザインの融合、飛騨春慶×日本デザインコミッティー
  • 5
    おなじみの渋谷駅が安藤建築に(2)
  • 6
    世界最高のアートフェア「アートバーセル」現地レポート
  • 7
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 8
    今週末見るべき映画「セッションズ」
  • 9
    ポルシェ、「パナメーラ」のインテリアコンセプトを公開
  • 10
    坂本龍一が語る「ルイ・ヴィトンの森」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加