初の長編映画「ムーミン 南の海で楽しいバカンス」が公開

2014年 12月 17日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中の人に親しまれている、フィンランド人作家トーベ・ヤンソンの作品『ムーミン』。日本では1969年から2度アニメーション化され、時代を越えて幅広い世代に愛されている。そんなムーミンの物語が史上初の長編アニメーション映画として劇場公開される。


丸みを帯びた愛らしいフォルムで人気のムーミン。実はもともと小説としてその物語がスタートしたのはご存知だろうか。1945年にトーベ・ヤンソンによって第一作『小さなトロールと大きな洪水』が発表され、ムーミンが誕生。以降8冊の書籍を出版、3冊の絵本が制作された。

トーベはもともと画家でもあり、ムーミンの原型となるキャラクターは以前から描かれていたというが、ムーミンが登場したことで作品の認知度は更に高まった。その後、ムーミン作品は44の言語に翻訳される。

1954年、この小説とは独立したかたちで、当時世界最大の新聞ロンドンのザ・イブニングニュースにて40カ国以上にて漫画を掲載、毎日2000万人の読者にムーミンのストーリーが届けられていた。その漫画は20年間に渡って連載され、800以上のストーリーが誕生。テレビシリーズも1959年にドイツで初めて放映され、後に124カ国で放送されている。

主人公のムーミンはもちろんのこと、ミーやスナフキンなど、さまざまなキャラクターを通して発せられる名言も多く、当時からユーモアの感覚を持ち合わせた大人に特に人気だったという。

『ムーミン』は、ムーミン谷に住むトロール(妖精)と個性豊かなキャラクターが登場し、ファンタジーや寓話として扱われがちだが、そのストーリーは家族とのつながりや自己のアイデンティティに関する普遍的なテーマが多い。現在でも多くの大人の読者がひきつけられるのは、優れた文学性の物語がそこに広がっているからだろう。


Related article

  • 「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」展、MOTで開催
    「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」展、MOTで開催
  • 今週末見るべき映画「あまくない砂糖の話」
    今週末見るべき映画「あまくない砂糖の話」
  • 今週末見るべき映画「世紀の光」
    今週末見るべき映画「世紀の光」
  • ブラインド・マッサージ 【今週末見るべき映画】
    ブラインド・マッサージ 【今週末見るべき映画】
  • おとなの事情 【今週末見るべき映画】
    おとなの事情 【今週末見るべき映画】
  • 健康管理をしてくれるベッドシート、「LUNA」
    健康管理をしてくれるベッドシート、「LUNA」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    生の一瞬のきらめきを切り取るベッティナ・ランス
  • 2
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 3
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」
  • 4
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 5
    iMacとMac miniがアップデート、69,800円から
  • 6
    近未来都市「マカオ」、その建築
  • 7
    ボルボ「V70 2.5T R-DESIGN」発売開始
  • 8
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 9
    ラグジュアリーな「三角コーン」って?
  • 10
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加