ハーレーの魂の鼓動が、100年の時を超えて伝わるミュージアム

2014年 12月 17日 08:10 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンジンの爆音をきかせて黒革のライダーがまたがる」。ハーレーダビッドソンのオートバイには、そんなアメリカのマッチョなイメージがあるが、1903年創業のオートバイメイカーのミュージアムは、それだけではない、恐慌や戦争を乗り越えてきた歴史とオートバイへの愛情を感じる場所だ。400台を越えるハーレーダビッドソンがその歴史を語りかけてくる。


ハーレーダビッドンソンの第1号は、ウィスコンシン州ミルウォーキーにある3m×4mというダビッドソン家の小さな納屋から生まれた。アーサーほかダビッドソン家の3人とウィリアム・ハーレーが電動自転車のエンジンの開発を始めたことからその歴史が始まる。

1911年頃のオートバイはまだ、乗馬の邪魔をしないように静かなマフラーを付けて紳士的に乗ることが要求されたという。そこに「スピードと躍動感」という現在に結びつく、オートバイの「人気と性能」を上げるのに貢献したのは、オートバイレースだった。パワーとスピードへのハーレーの追求は、ここから始まった。

シリアルナンバー1のハーレー。エンジンやフレームがハーレーの原型とは異なるものの、シリアルナンバー1が押された部品が中から見つかったことから、これが1号車と言われている。


ずらりと並ぶヴィンテージのハーレー

Related article

  • 28日からアートフェア東京2011
    28日からアートフェア東京2011
  • ユーザー特別特典あり、カペラ・シンガポールで迎える新年
    ユーザー特別特典あり、カペラ・シンガポールで迎える新年
  • 女性バーテンダーによる大人のカクテル講座をザ・ペニンシュラ東京で
    女性バーテンダーによる大人のカクテル講座をザ・ペニンシュラ東京で
  • 天空のスパで、心身ともに癒されて/モダンに進化、シンガポールへエスケープ(3)
    天空のスパで、心身ともに癒されて/モダンに進化、シンガポールへエスケープ(3)
  • Daytonaが創刊20周年、所さんと歩んだ楽しい歴史
    Daytonaが創刊20周年、所さんと歩んだ楽しい歴史
  • 本棚の奥から現れるハワイのとっておきの隠れ家「ザ モダン ホノルル」
    本棚の奥から現れるハワイのとっておきの隠れ家「ザ モダン ホノルル」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    史上最もパワフルなCクラス
  • 2
    写真で見る、MacBook Pro Retinaディスプレイモデル
  • 3
    カッシーナのミラノ、今年のスターデザイナーはルカ・ニケット
  • 4
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 5
    村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
  • 6
    アートとデザインを横断、SPACE FOR YOUR FUTURE
  • 7
    デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
  • 8
    「もの派」菅木志雄の個展|東京都現代美術館
  • 9
    シャトー・ムートン・ロスシルド2007年ラベルが発表
  • 10
    いざというときにも心強いインテリア照明「エネループランプ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加