ハーレーの魂の鼓動が、100年の時を超えて伝わるミュージアム

2014年 12月 17日 08:10 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンジンの爆音をきかせて黒革のライダーがまたがる」。ハーレーダビッドソンのオートバイには、そんなアメリカのマッチョなイメージがあるが、1903年創業のオートバイメイカーのミュージアムは、それだけではない、恐慌や戦争を乗り越えてきた歴史とオートバイへの愛情を感じる場所だ。400台を越えるハーレーダビッドソンがその歴史を語りかけてくる。


ハーレーダビッドンソンの第1号は、ウィスコンシン州ミルウォーキーにある3m×4mというダビッドソン家の小さな納屋から生まれた。アーサーほかダビッドソン家の3人とウィリアム・ハーレーが電動自転車のエンジンの開発を始めたことからその歴史が始まる。

1911年頃のオートバイはまだ、乗馬の邪魔をしないように静かなマフラーを付けて紳士的に乗ることが要求されたという。そこに「スピードと躍動感」という現在に結びつく、オートバイの「人気と性能」を上げるのに貢献したのは、オートバイレースだった。パワーとスピードへのハーレーの追求は、ここから始まった。

シリアルナンバー1のハーレー。エンジンやフレームがハーレーの原型とは異なるものの、シリアルナンバー1が押された部品が中から見つかったことから、これが1号車と言われている。


ずらりと並ぶヴィンテージのハーレー

Related article

  • 六本木がアートのハブになる夜「動け、カラダ!」六本木アートナイト2014
    六本木がアートのハブになる夜「動け、カラダ!」六本木アートナイト2014
  • インド洋の楽園を味わいつくす、多彩なアクティビティ/モルディブ、極上という名のリゾート(3)
    インド洋の楽園を味わいつくす、多彩なアクティビティ/モルディブ、極上という名のリゾート(3)
  • ハーマンミラー初のLEDインテリアライト、リーフライト
    ハーマンミラー初のLEDインテリアライト、リーフライト
  • モネ、ルノワールのパトロンでもあった、ギュスターヴ・カイユボット
    モネ、ルノワールのパトロンでもあった、ギュスターヴ・カイユボット
  • フォトギャラリー:アルファ ロメオ4C、4C Launch Edition
    フォトギャラリー:アルファ ロメオ4C、4C Launch Edition
  • 甦るアイコン、「山口小夜子 未来を着る人」
    甦るアイコン、「山口小夜子 未来を着る人」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 2
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 3
    ジャズ名盤講座第23回「MPS編」
  • 4
    美と機能の融合! CHEMEXの自動コーヒーメーカー登場
  • 5
    「ピエール・エルメ・パリ」に今年のクリスマスケーキが大集結
  • 6
    世界で一番小さなカップケーキ屋/パリの絶品スイーツ(3)
  • 7
    ツヴィリング・真紅の包丁は、キッチンツールの真骨頂
  • 8
    ジャズ名盤講座第26回「Fontana+Limelight編」ビギナー向け9選!マスター向け9選
  • 9
    建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
  • 10
    モダンデザインの粋を見る「バウハウス・デッサウ展」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加