ハーレーの魂の鼓動が、100年の時を超えて伝わるミュージアム

2014年 12月 17日 08:10 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンジンの爆音をきかせて黒革のライダーがまたがる」。ハーレーダビッドソンのオートバイには、そんなアメリカのマッチョなイメージがあるが、1903年創業のオートバイメイカーのミュージアムは、それだけではない、恐慌や戦争を乗り越えてきた歴史とオートバイへの愛情を感じる場所だ。400台を越えるハーレーダビッドソンがその歴史を語りかけてくる。


ハーレーダビッドンソンの第1号は、ウィスコンシン州ミルウォーキーにある3m×4mというダビッドソン家の小さな納屋から生まれた。アーサーほかダビッドソン家の3人とウィリアム・ハーレーが電動自転車のエンジンの開発を始めたことからその歴史が始まる。

1911年頃のオートバイはまだ、乗馬の邪魔をしないように静かなマフラーを付けて紳士的に乗ることが要求されたという。そこに「スピードと躍動感」という現在に結びつく、オートバイの「人気と性能」を上げるのに貢献したのは、オートバイレースだった。パワーとスピードへのハーレーの追求は、ここから始まった。

シリアルナンバー1のハーレー。エンジンやフレームがハーレーの原型とは異なるものの、シリアルナンバー1が押された部品が中から見つかったことから、これが1号車と言われている。


ずらりと並ぶヴィンテージのハーレー

Related article

  • 進化したカーボン調ハンドルのゼロハリ新作
    進化したカーボン調ハンドルのゼロハリ新作
  • ノールのラグジュアリーなテキスタイル
    ノールのラグジュアリーなテキスタイル
  • 限定リリース! ホーウィンレザー製ニューバランス
    限定リリース! ホーウィンレザー製ニューバランス
  • ポートレイトの巨匠が撮ったアーティスト達の横顔 ベンジャミン・リー写真展2013
    ポートレイトの巨匠が撮ったアーティスト達の横顔 ベンジャミン・リー写真展2013
  • ヴィヴィアン・ウエストウッド、究極のフェティッシュアイテム「靴」の展覧会
    ヴィヴィアン・ウエストウッド、究極のフェティッシュアイテム「靴」の展覧会
  • ウェスティン・シンガポール、くつろぎのステイ/モダンに進化、シンガポールへエスケープ(1)
    ウェスティン・シンガポール、くつろぎのステイ/モダンに進化、シンガポールへエスケープ(1)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フィンランドの現代作家による「Awakening」
  • 2
    ミニマルな建築空間で味わうデザインキッチン|福岡に誕生
  • 3
    横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
  • 4
    バックパックに入る世界最小の電動サイクル誕生
  • 5
    デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
  • 6
    奇妙な卓球台で遊ぼう|ガブリエル・オロスコ展
  • 7
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 8
    今週末見るべき映画「クリスマス・ストーリー」
  • 9
    グラフィカルに食卓を装う はし袋
  • 10
    「私たちは関係性のなかで生きている」エルネスト・ネト インタビュー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加