今週末見るべき映画「ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して」

2015年 1月 9日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

1946年、戦後すぐに作られたアメリカ映画に、ウィリアム・ワイラー監督の「我等の生涯の最良の年」がある。3人の帰還兵が故郷に戻ってくる。両手が義手の若者がいる。夜、悪夢にうなされる男がいる。映画は、やや苦い味のハッピーエンドだが、戦勝国でさえ、被る戦争の悲惨さを、真正面から描いた傑作だった。

「ジミーとジョルジュ 心の欠片(かけら)を探して」(コピアポア・フィルム配給)もまた、戦後すぐのアメリカが舞台である。ただし、これはフランス映画である。原作は、アメリカ先住民の民族精神医学の研究者で、精神分析医のジョルジュ・ドゥヴルーの書いた「夢の分析:或る平原インディアンの精神治療記録」である。本書をフランス語訳で読んだアルノー・デプレシャン監督が、映画化を熱望していたという。アルノー・デプレシャンは、「クリスマス・ストーリー」(イズムで紹介)で、さまざまな問題を抱えた家族の絆を巧みに描いた作家である。ここでは、惚れ込んだ原作だけに、共同で脚本を担当する。


先住民ブラックフット族のジミーは、フランス戦線から帰還している。ジミーは、頭蓋骨を骨折したが、体は一見、健康そうである。しかしながら、原因不明の症状が続いている。いつも、目はチラチラし、ひどい頭痛が続く。軍の病院の診断では、原因が判然としない。そこに、国籍はフランスだが、ニューヨークにいるユダヤ人のジョルジュが、ジミーの診断に呼ばれる。ジョルジュは、アメリカの先住民を研究している文化人類学者で、カウンセラーの資格がある。ジミーの診断にはうってつけとの判断である。ジョルジュの診断が始まる。


ジョルジュ役に、マチュー・アマルリックが扮する。この人は、映画監督でもあり、演技者としても実力者である。つい最近では、「毛皮のヴィーナス」(イズムで紹介)で、達者なところを見せていた。先住民の患者、ジミー役は、ベニチオ・デル・トロで、「チェ 28歳の革命」(イズムで紹介)では、主役のチェ・ゲバラに扮した。これまた、オムニバス映画「セブン・デイズ・イン・ハバナ」(イズムで紹介)で監督デビューを果たしている。

Related article

  • 今週末見るべき映画「シーモアさんと、大人のための人生入門」
    今週末見るべき映画「シーモアさんと、大人のための人生入門」
  • 今週末見るべき映画「ロイヤル・コンセルトへボウ オーケストラがやって来る」
    今週末見るべき映画「ロイヤル・コンセルトへボウ オーケストラがやって来る」
  • 今週末見るべき映画「永遠のヨギー ヨガをめぐる奇跡の旅」
    今週末見るべき映画「永遠のヨギー ヨガをめぐる奇跡の旅」
  • 今週末見るべき映画「ロブスター」
    今週末見るべき映画「ロブスター」
  • フランス映画祭、見どころ|2015
    フランス映画祭、見どころ|2015
  • 今週末見るべき映画「ロビイストの陰謀」
    今週末見るべき映画「ロビイストの陰謀」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ロータス、新型「ロータス エキシージS」発売
  • 2
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 3
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 4
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 5
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 6
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 7
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 8
    iPad、販売台数200万台を突破
  • 9
    レイバンの名作が、ミッドセンチュリー色にパワーアップ
  • 10
    アルフレッド ダンヒル 銀座本店がオープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加