日常世界の向こう側に潜むアート|高松次郎展

2015年 1月 19日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

1960年代から90年代まで、現代美術の世界をクールに駆け抜け、死後もなお世界的に注目され続けているアーティスト、高松次郎(1936-1998)の回顧展「高松次郎ミステリーズ」が、東京国立近代美術館で行われている。

東京オリンピック前の1960年代に赤瀬川原平、中西夏之とともに、路上・電車の中・ホテルなどといった日常的な場所で非日常なイベントを起こす「ハイレッド・センター」という前衛芸術グループを組織していたことでも知られている高松次郎は、常に「日常の世界の向こう側にある、別の世界を見せよう」と提案しつづけたアーティストである。「自分は作品の前に立っているが、自分ではなく他人の影が描かれている」〈影〉シリーズなどで有名だ。他にも遠近法の原理を応用した造形の不思議さを実感できる立体作品や、設計図のように精巧なスケッチなどの作品がある。

《紐》を制作中の高松次郎 1963年頃/©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

こんがらがったヒモ、光と影のたわむれ、おかしな遠近法の椅子やテーブル、たわんだ布、写真を撮った写真、そして単純さと複雑さをあわせもつ絵画…。時期によって見かけも素材もばらばらな高松の作品は、理解するのが難しいかもしれない。しかしそんなばらばらな作品をくわしく見ていくと、いくつかの形や考え方が繰り返し現われることに気づく。

「高松次郎ミステリーズ」は東京国立近代美術館のキュレーター3名が、一見謎めいた高松作品をその背後にひそむ「一貫したつながり」に注目しながら、高松の初期・中期・後期の3章を、3人のキュレーター(桝田倫広・蔵屋美香・保坂健二朗)がそれぞれ担当し、わかりやすくていねいに私たちに紐解いて行く。

Related article

  • 建築家11名によるアイウエアショップが表参道ヒルズに
    建築家11名によるアイウエアショップが表参道ヒルズに
  • 21_21 DESIGN SIGHT「単位展」|単位について考えて、単位を使いこなし、単位で遊ぶ
    21_21 DESIGN SIGHT「単位展」|単位について考えて、単位を使いこなし、単位で遊ぶ
  • 東京都庭園美術館が3年ぶりにリニューアルオープン
    東京都庭園美術館が3年ぶりにリニューアルオープン
  • ドイツ・ケルン国際家具見本市が示した、新しい暮らしのトレンドとは?
    ドイツ・ケルン国際家具見本市が示した、新しい暮らしのトレンドとは?
  • 今週末見るべき映画「ディオールと私」
    今週末見るべき映画「ディオールと私」
  • iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信
    iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「プジョー3008」、デザイナーが語る新型クロスオーバーの魅力
  • 2
    安藤忠雄と北欧の名匠が完成させたドリームチェアとは?
  • 3
    オバマ大統領の左腕に光る、ダイバーズ時計とは?
  • 4
    今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」
  • 5
    grafの考えるグラフィックとは?「感じる箱展」大阪で開催
  • 6
    フォトギャラリー:トヨタ 新型「プリウス」
  • 7
    自分だけの香りを創る「カスタムメイド フレグランス」
  • 8
    特撮にみる職人の技術と匠の技。『館長 庵野秀明  特撮博物館  ミニチュアで見る昭和平成の技』
  • 9
    Wホテル台北 開業1周年はバレンタインデー、ホットでセレブなステイを約束するキャンペーン
  • 10
    ホンダ、伝説のスポーツカー「NSX」の新型プロトモデルを発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加