チームラボによるデジタルアート

2015年 1月 20日 08:10 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

『チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』が日本科学未来館(東京)にて好評開催中だ。いままでのチームラボの制作活動における集大成ともいえる、かなりボリュームのある展覧会である。

本展はアート表現を追求した作品群による『踊る!アート展』7作品と、主に子供向けのインタラクティブなインスタレーション群による『学ぶ!未来の遊園地』8作品という二部構成となっており、計15点が展示されている。

大人でも無心で楽しめるファンタジックな『学ぶ!未来の遊園地』も素晴らしいが、イズム読者にぜひお薦めしたいのは『踊る!アート展』だ。

デジタルでどこまで表現できるか?という技術的側面での可能性を追求する作品が目立つメディアアートだが、『踊る!アート展』ではもはやメディアアートとカテゴライズするのがはばかられるような、とてもシンプルな美しさと、情緒的な表現世界を展開している。そこでは日本書紀や古事記などの神話世界、若冲などの日本美術からアニメにおける板野サーカスまで、幅広い日本文化やコンセプトを、チームラボの誇る高いデジタル表現技術をもちいて、ファインアートに昇華させているのである。

長い美術史の歴史の中で、デジタルが新しい表現方法として加わった幕開けをわくわくとした気持ちで感じさせるような『踊る!アート展』。このなかから代表的な作品を3ご紹介しよう。

Flowers and People, Cannot be Controlled but Live Together, for Eternity–Tokyo/花と人、コントロールできないけれども共に生きる、そして永久に–Tokyo

チームラボ, 2014, インタラクティブデジタルインスタレーション, 音楽: 高橋英明

Related article

  • DIESELがヴァンサン・フルニエ展を開催
    DIESELがヴァンサン・フルニエ展を開催
  • ハッリ・コスキネンインタビュー、iittala「アートワークスシリーズ」
    ハッリ・コスキネンインタビュー、iittala「アートワークスシリーズ」
  • カスタマイズする醍醐味。BMW Motorrad「R nineT」
    カスタマイズする醍醐味。BMW Motorrad「R nineT」
  • 近所からどこまで飛躍できるのか? 鈴木康広個展「近所の地球」
    近所からどこまで飛躍できるのか? 鈴木康広個展「近所の地球」
  • 東京発のアートフェア「G-tokyo 2010」開催中
    東京発のアートフェア「G-tokyo 2010」開催中
  • 舞台「プルートゥ PLUTO」レビュー
    舞台「プルートゥ PLUTO」レビュー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 2
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「セカンド・ネイチャー」展
  • 3
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 4
    フォトギャラリー:WyzartによるWyzArtifact Exhibition
  • 5
    フォトギャラリー:「ニスモ 370Z」
  • 6
    期間限定の「タイム アンド スタイル」が伊勢丹新宿店に
  • 7
    フランス・ボルドー最新レポート(2)「シャトー紀行」
  • 8
    フォトギャラリー:吉岡徳仁デザイン「Tear Drop」「ToFU」
  • 9
    フォトギャラリー:ミラノサローネで発表のヤマギワ新作照明
  • 10
    フォトギャラリー:アウディ「R8 5.2 FSIクワトロ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加