香港で、日本の陶芸グループ展「KIWAMI 極」が開催

2015年 1月 27日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

松永圭太氏、大森健司氏はともに、多治見市意匠研究所(意匠研)出身の作家だ。多治見市に1959年に設立された意匠研は、地元陶磁器産業の振興を目的とした多治見市立の研究機関である。研究生は、充実した設備、そして豊富な知識を持った講師陣によって、基礎的な技術と知識を学び、その上で自由に発想して制作を行っている。美濃焼の魅力でもあるダイナミックな対応力は、この研究所でも輝きを見せ、古いものを生かしながら新しいものを創造していく多くの若手作家の姿を見る事ができ、現在活躍する多くの陶芸家を輩出している。


松永氏は建築を学んでいた背景があり、それは作陶へ大きく影響している。建築家は近隣環境の配慮、建て主の要望など与条件なしにものづくりはできない。しかしその縛りが彼らのアイデアを生み、世の中に一つしかない条件に一つしかない建築が生まれる。それに対して、陶芸は非常に自由なものづくりが可能である。松永氏はこの自由な中で、制作過程において自ら縛りをつけて、「自由なもの」を制作している。彼の与える「縛り」を受け入れる許容こそが、陶芸の魅力だと言う。

Related article

  • grafによる「エキタマ」がJR田町駅に誕生
    grafによる「エキタマ」がJR田町駅に誕生
  • 「MoMAデザインストア」の2011SSコレクション
    「MoMAデザインストア」の2011SSコレクション
  • 近所からどこまで飛躍できるのか? 鈴木康広個展「近所の地球」
    近所からどこまで飛躍できるのか? 鈴木康広個展「近所の地球」
  • アートとデザインを横断、SPACE FOR YOUR FUTURE
    アートとデザインを横断、SPACE FOR YOUR FUTURE
  • SHIBAURA HOUSEで「空気の器 ワークショップ」
    SHIBAURA HOUSEで「空気の器 ワークショップ」
  • MoMA DESIGN STORE 秋冬新作ピックアップ
    MoMA DESIGN STORE 秋冬新作ピックアップ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 2
    グラフィックデザイナーによる本のデザインを展示
  • 3
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 4
    トップスポーツモデル「アウディTT RSクーペ」
  • 5
    ミラノサローネ2015|Vol.3 今年は照明「ユーロルーチェ」
  • 6
    若手書家の最新個展、華雪ノ展示『雨日』が開催中
  • 7
    気鋭のデザイナー、ハイメ・アジョンを起用し飛躍するリヤドロ
  • 8
    表参道ヒルズが2周年、記念イベント開催中
  • 9
    シンガポールビエンナーレに「マーライオン・ホテル」
  • 10
    フォトギャラリー:フェラーリ・フェスティバル2009(4)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加