『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

今週末見るべき映画<番外編>「ヴァチカン美術館 天国への入口」

2015年 2月 27日 08:05 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ずいぶん前に、ヴァチカンを訪れたことがある。丸一日、ローマ市内を駆け足観光で回ったときである。つい、5日ほど前は、ロンドンのナショナル・ギャラリーを見て、3日前は、マドリードのプラド美術館を見たばかりである。頭の中が、いささか混乱しているうちに、スペインのグラナダからローマに着いた。なにはともあれ、ヴァチカンに向かう。サン・ピエトロ広場から、大聖堂、システィーナ礼拝堂など、いろんな美術品のある場所を見学した。とにかく、キリスト教関係の建物や、置いてある彫刻や絵画のもの凄さに、ただ驚くばかり。

ヴァチカン(国名はヴァチカン市国)は、国土面積が世界最小の独立国。カトリックの総本山で、ローマ教皇がいる。歴代の教皇が集めたと言われる美術品が、あちこちに展示されている。映画「ヴァチカン美術館 天国への入口」(コムストック・グループ配給)は、ヴァチカン美術館のいろんな美術品を紹介する。しかも、試写で見たのは、4K3Dである。4Kとか3Dとか、技術的に詳しいことは分からないが、どの彫刻、絵画も迫力満点、細部が鮮やか。しかも3Dだから、立体的に浮かびあがってくる。


カメラのアングルが変化に富み、さまざまな角度から、作品を捉える。しかも、大作の部分部分がアップで撮られる。案内するのは、館長のアントニオ・パオルッチ。字幕ではなく、石丸謙二郎さんのナレーションが入る。1506年、教皇ユリウス2世がヴァチカン美術館を設立、1771年、教皇クレメンス7世が一般に開放、いまや、年間500万人の人が訪れるという。ヴァチカン美術館は、常に複数形で呼ばれる。ヴァチカン美術館と呼ぶ建物もあるが、美術品は一カ所の建物ではなく、ヴァチカンのあちこちに展示してあり、その総称がヴァチカン美術館というわけである。

Related article

  • CIBONE青山に「草間彌生携帯」限定ショップ
    CIBONE青山に「草間彌生携帯」限定ショップ
  • F1マシンのデザイン展「F1 疾走するデザイン」
    F1マシンのデザイン展「F1 疾走するデザイン」
  • 舞台「プルートゥ PLUTO」レビュー
    舞台「プルートゥ PLUTO」レビュー
  • 鏡の髪型展 「清水久和インタビュー」
    鏡の髪型展 「清水久和インタビュー」
  • 青山スパイラルの中に巨大な“巣”が出現?NUMEN / For USEの企み
    青山スパイラルの中に巨大な“巣”が出現?NUMEN / For USEの企み
  • 建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
    建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開

Prev & Next

Ranking

  • 1
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 2
    パトリシア・ウルキオラが内装|国内初旗艦店「MOLTENI&C TOKYO」
  • 3
    吉岡徳仁によるスワロフスキー旗艦店が銀座に
  • 4
    大人の男の成熟を描く、「ブルー ドゥ シャネル」 
  • 5
    今週末見るべき映画「塀の中のジュリアス・シーザー」
  • 6
    横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
  • 7
    メルセデス・ベンツ、新型「Gクラス」を発表
  • 8
    2011年の締めくくりは、ザ・リッツ・カールトン東京で
  • 9
    銀座の街に出現した「メゾンエルメス×吉岡徳仁」のウィンドウ
  • 10
    今週末見るべき映画「花の生涯 梅蘭芳」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加